ブログトップ

電子工作やってみたよ

回路シミュレータで数学のe (ネイピア数)を導いているのをみつけました。
先日(2017年10月29日)のブログでHP電卓を使ってeを求めて見ましたが、同じ値がアナログ電子回路だけで出てくるなんてとても不思議ですね。
ただこれはあくまでシミュレータ上での動作です。
本物の回路で動作させるには疑問点がありますね。
ひとつは 無限大を使うために10kVをアンプに入れていますが、現実にはこの電圧を入力できるものは存在しないと思います。
もうひとつ べき乗器 XのY乗なんて動作するアンプは存在するのかしら。
掛け算器やlogアンプは在りますけれど、これをうまく組み合わせるとべき乗器が出来るのでしょうか。
このへん実物で動作するか、トライしてみたいですね。
数式が書いてありますが、まったく回路図と同じですね。 まあ これが本当のアナログコンピュータなのでしょう。

c0335218_21521085.jpg


c0335218_21194189.jpg

この回路の出典は、 サーキットビューア(回路シミュレータの商品名称)のサンプル回路に載っていました。




わが家の庭のイチョウの木です。 本物はほぼ黄色なのに写真で見るとかなり緑色なのですね。
手入れが大変なので高さを2m位(背の高さよりちょっと高いだけ)にしたのに今は3m位に伸びてますね。
また思い切り短くしようかな。

c0335218_09373956.jpg





by telmic-gunma | 2017-11-12 22:23 | シュミレータ | Trackback | Comments(2)

10年以上むかし コッククロフト昇圧回路の動作で仲間と議論したことがあります。
段数の多いコッククロフトにおいて格段のダイオードやコンデンサーに流れる電流は一番上の段と一番下の段で違うのか、同一なのかということでした。
(段数としては 5~6段として)
わたしの直感では一番下の段は最上段の数倍流れるだろうとおもっていました。
理由は東京タワーの下側は幅が広く上に行くほど細くキャシャになっているのと同じくコッククロフトも下の回路は上段も支えなくてはならないから大きな電流が必要になるだろうと考えました。
結局その場の結論は、上も下も同一だろう、ということになりました。
理由は、一つの導体のループはどこを切っても電流は同一だ、ということでした。
c0335218_18544258.png









シュミレーションの精度についてコメントをいただいたことから昔のことを思い出したので回路シュミレータ(サーキットビューア)で試しました。
ダイオード 1段目の最大電流は13.2A 5段目の最大電流は10.0A 比率は1.32倍
でした。
コンデンサー1段目最大電流は60.2A 5段目の最大電流は10.8A 比率は5.57倍でした。
(この回路定数はかりの物ですので電流の絶対値は意味がありません)
コンデンサーの電流比5.57倍ありましたが、ダイオードでは電流比1.32倍と1段目が大きいことはわかりましたが、たいした違いではなかったですね。
シュミレータと現実の電流の絶対値の違いかなりあるかも知れませんが、このような高圧回路などでは、実測することは難しいですからシュミレータで類推するしかないのでしょう。
疑問に思ったことや現実には実現不可能な事をすぐ試すことが出来るシュミレータは、すばらしいですね。






by telmic-gunma | 2015-07-26 22:00 | シュミレータ | Trackback | Comments(3)

物置を片付けていたら 昔作ったアナログ計算機が出てきました。

上の列 5個は加算器  
下の列 左から微分器 1個 積分器 3個 大きさ比較のHP15C電卓

c0335218_15491617.jpg


















デジタル計算機のスピードが遅い頃はよくアナログ計算機が使われていたそうです。
直流のアナログ電圧を信号として加算減算積分微分などを行います。
構造は直流アンプを使い 増幅率をパネルのショートピンで任意に設定できるようになっています。
積分器や微分器はパネルで時定数をかえられるようになっています。
内部にはOPアンプとアナログスイッチの組み合わせで出来ています。
この加算器や積分器などいろいろ組み合わせて、答えは(出力)レコーダーでチャート紙に記録します。
言ってみれば パソコン上で動く回路シュミレーターをハードで作ったようなものですね。
いまならブレッドボードがありますので 同じことが簡単に出来るでしょう。
この装置を作るにあたって知恵を出したところは各要素にメーターを付けて途中スケールアウトのチェックを
一目で分るようにしたことです。
これを作ること自体が楽しみだったので これを使っての成果 何があったのかよくおぼえていません。
(恥ずかしながら こういうこと多いみたいです。)



by telmic-gunma | 2014-10-21 20:33 | シュミレータ | Trackback | Comments(2)