ブログトップ

電子工作やってみたよ

ブレッドボード上のPIC回路でパルス発生ソフト作ってみました。

c0335218_14554724.jpg















この写真 ちょっと見にくくてすいません。
ICは左からdsPIC30F3013, 74HC14, 74LS74, 74LS00, 74LS14です。
PICが発生した1本の昇圧用ゲートパルスともう1本のサイン波用ゲートパルスを外付けのICで各々逆位相2組に増やしています。実験の最初はdsPIC30F4013を使いソフトのみで2組 合計4本のゲートパルスを発生させて作ったのですが、デバッグの時 サイン波を発生させるフルブリッジ回路で上下同時導通をおこしてしまいました。
本番でこれが起きたら 回路が破裂することになるので逆位相はハードで作ることにしました。これならソフトが暴走してめちゃくちゃな動作しても回路が破裂することは無いはずです。
c0335218_15343714.jpg













サイン波発生用の逆位相のデジタルPWM信号です


c0335218_15344010.jpg













デジタルPWM信号にCRのフィルターを付けて50Hzのサイン波になっていることの確認。
実際はこれが合成されて普通のサイン波になります。


c0335218_15344474.jpg












昇圧用プッシュプルを動かすゲートパルス。パルス幅は出力がAC100Vになるようにフィードバックされる。

by telmic-gunma | 2014-12-16 23:40 | 電子工作_電源 | Trackback | Comments(5)