ブログトップ

電子工作やってみたよ

PIC正弦波100V電源 その4

昇圧トランスのコイルを巻きました
一次側は12Vの大電流が流れるので線径1.6mm
二次側は線径0.8mmで200Vを発生させます。
巻き数は計算で出した値よりちょっと多めにしました
巻き数は実験して修正します。
線材は表皮効果の関係で、細い線を絶縁して束ねたリッツ線が良いのでしょうが
このインバータは巻き数が少ないのでただの銅線でやります。

c0335218_09315094.jpg











TDKのコアとコイルを巻くボビンです。(その1の写真より少し大きいです)


c0335218_09310833.jpg











巻き数の修正が楽なように二次側を最初に巻いてみます。


c0335218_09310053.jpg













二次側の上に絶縁紙を巻いて一次側を巻きました。


c0335218_09314048.jpg












コアを上下からはめて完成です。






by telmic-gunma | 2015-01-09 10:49 | 電子工作_電源 | Trackback | Comments(4)