ブログトップ

電子工作やってみたよ

以前やった 石とりゲームに再度挑戦しています。
紙に絵を書きながらいろいろ考えたら必勝法の手順と言うものが解ってきました。
おぼろげながら解ってきたときは、嬉しかったですね。
仕事などの問題でも「こういうことだったのか」と解ったときはうれしいですものね。
ネットで石とりゲームを検索したら同様の回答が沢山でていました。
結果を言えば、相手に手を渡すときの数は以下の数になるようにすれば勝てるということですね。
1,5,9,13,17,21ーーー 今回のソフトは15を出発点にしているので、自分が先手なら15と出たあとまず2を引いて13にして、そのあとはこの数列になるように取っていけば必ず勝てるわけです。
問題はこの先で 前回この法則すら知らずにHP電卓の石とりゲームのソフトがどのような処理をやっているかを調べるところで挫折したのでした。
いま いろいろな方法を考えながらアプローチしています。
このソフトは50ステップという小さなサイズに収めようと頭のいい人がいろいろとトリックみたいなことやっているので、普通の感覚では解けません。
人のことは言えないのですが、サイズを圧縮しようと操作したソフトというのは、その動きを解読しようとするのがほんとに難しくなりますね。
第二次大戦の時、ドイツの暗号を解読するのに苦労する数学者の映画を見ましたが、まさしくいまそんな感じです。
簡単に解けそうもなく、とても楽しいですね。
解析する方法をいろいろ考えてやっているので少しづつすすんでいます。次回に報告出来ればと思っています。


c0335218_07450085.jpg

c0335218_07451986.jpg


by telmic-gunma | 2016-07-31 21:34 | HP電卓 | Trackback | Comments(0)

HP電卓のマニュアルに載っていた「石とりゲーム」は単なるパズルだけでなく数学の理論としてあったのですね。
「石とりゲームの数理」という題目で本が出ていました。著者は大学教授の一松信さん。
この本が発行されたのは、1968年11月1日 第1刷発行 となっています。 50年ちかく前ですね。
まだマイコンやパソコンが出る前で、大型コンピュータしか無かった時代でしょうか。机の上の半分くらいを占領する電卓(ニキシー管表示のすごいやつ)を先生が使っていた記憶があります。
私たぶん この一松信さんに会っていると思います。
YHP(横河ヒューレットパッカード)のHP97を買ったときプログラムの講習会があり、その席にオブザーバーかなにかで来ていました。(これも40年以上昔と思いますが)
講習会の最後に「HP電卓のクラブか同好会のようなもの作りましょう」とみんなに話しかけていました。
今思えば、残念なことに参加しませんでした。
もう一度「石とりゲーム」のソフト解析に挑戦してみようかな。


c0335218_06275693.jpg

by telmic-gunma | 2016-07-25 06:37 | HP電卓 | Trackback | Comments(2)

前回 スイカの人工授粉をやろうとした雌花(左)と雄花(右)です。
c0335218_14063963.jpg
ハチさんが頑張って授粉してくれています。 もうお任せです。
c0335218_14062168.jpg
キュウリとナスの収穫が始まりました。
キュウリように作ったやぐらと網です。使い方を全然知らず放っておいたら上に伸びていかず、足元でとぐろ巻いてしまいました。
ツルは人間が上に伸ばして網にしばってあげるのだそうです。
c0335218_14082998.jpg
上になったキュウリは比較的まっすぐですが地面の上のものはみな丸くなってしまいます。
c0335218_14075321.jpg

今日一日の収穫です。 
キュウリの苗は10本 ナスの苗は5本での成果です。 我が家で食べるだけには、あまりにも多すぎましたね。 
もう 朝から晩までキュウリとナスでカッパさんになりそうです。
これからトマトがなるんですよ、苗10本分どうなることやら。
来年は半分にしても多すぎるかな。
キュウリ 曲がったのが多いですが、これは肥しが少ないという話です。 栄養失調ですか。
まあ すべて勉強ですね。
c0335218_14060360.jpg


by telmic-gunma | 2016-07-23 15:01 | 農作業 | Trackback | Comments(6)

2016年7月21日
東京 秋葉原の秋月電子でも球根を売るようになったそうです。
なので このブログ「電子工作やってみたよ」でもまったく関係のないことどんどん出そうとおもいます。

スイカがだいぶ大きくなってきました。
ただ 数が少なく 大玉スイカは3個しかできていません。
小玉スイカはまだ小さいですが10個ほどできています。
ネットで見たら 虫の少ない地方では人工授粉をするように書いてありました。
それと 苗は接木のものを使うようにとも  
苗は貰い物なので接木なのかよくわかりません、人工授粉なんて知らなかったな。
本来なら スイカ作る前に調べておくべきでしたね。
「今からでも、遅くはない」が信条ですので、明日 早起きして人工授粉やってみます。

写真は、今日2016年7月21日のスイカの苗が成長した状態です。奥にあるのはカボチャです。
c0335218_16402653.jpg


この写真のみ2016年5月14日にスイカの苗を植えた時です。参考のため
c0335218_17242029.jpg



これは小玉スイカです。 サイズ比較のためA4サイズのノートを置いてあります。
c0335218_16400394.jpg

じゃがいも 葉っぱが時季がきて枯れたので 全部掘り出しました。
重さを計ったら全部で89kgありました。(計量ミスはないと思います)
種イモ買ったのが3kgですから30倍に増えたことになるのですか。
水と太陽の光だけでこんなに増えるなんて、生物のちからとはすごいですね。(肥しは少々いれましたけど)
大きさ比較のため手を出しています。
c0335218_16414470.jpg








by telmic-gunma | 2016-07-21 17:44 | 農作業 | Trackback | Comments(2)

50年ほど昔 アマチュア無線をやっていたころ手に入れた無線機です。
今は無いのですがスターという会社のST700(送信機)とSR700(受信機)です。
これが使いたくて2アマの免許をとりました。(いまこの資格あるのかしら)
アルバイトの日給が1000円位の時代 頑張って働いて買いました。
確か送受信機合わせて15万円ほどでなかったかと思います。
オール真空管で送信出力は100W SSBとCWが使えます。
当時 周波数を直読できるものは国産ではこれしかなく 他はアメリカのコリンズが出していた KWM2でした。
直読と言ってもキャリブレーションして目盛りで1kHzが読めるだけでデジタル表示のものはまだありませんでしたね。
その後 就職して配属された電気設計の仕事にのめり込んでアマチュア無線から遠ざかってしまいました。
この無線機とっておいて定年になったら改造でもして楽しもうと思っていましたが、いざ定年になったら時代は全く変わっていました。
真空管なんて世の中では使われておらず手に入れるのも難しくなっているし、制度が変わってアマチュア無線の私のコールサインも他の人に移っていました。
幸い回路図と説明書はありましたが真空管って動作電圧高いのですよ。(送信管のところで800ボルト位かな)
仕事では高圧やっても遊びで高圧の回路いじるのはなーとビビっています。
さて このST700とSR700 どうしようか? が今の私の悩みです。(楽しみかな?)



c0335218_06540338.jpg




c0335218_06542017.jpg









by telmic-gunma | 2016-07-18 07:24 | アマチュア無線 | Trackback | Comments(4)