ブログトップ

電子工作やってみたよ

HP電卓の逆ポーランド法はプログラム言語ではないと思います。
HP電卓は、そろばんや計算尺と同じで、あくまでも主体は人間にあり人間の技量や技術、習熟度が計算スピードや精度を決めるのでないかと思います。
今から50年以上昔は、大型コンピュータがようやくできたけれど電卓やパソコンなど存在せず、一般の人達はみなそろばんを使用していました。町には、そろばん塾があり商業関係に進む人たちはみなそこに通ってそろばんを習っていました。
私の同級生のなかでも何人も通っていましたね。
残念ながら私は習っていませんでした。
そろばんで計算する場合、操作は、考えて行うものでなく、スポーツのように訓練を重ねて、無意識で指を動かしていると思います。
HP電卓もまさに同じだとおもいます。
だから数式から逆ポーランド法のキー操作はすぐできても、逆ポーランド法のキーリストから元の数式が復元できなくても何ら不都合は無いと考えてよいと思います。(これを言いたかったのです)
関数電卓のいいところは、電卓以前の計算では必ず必要だった対数表や三角関数表を調べなくても一瞬で値が出てくることでしょうか。

これ 今ちょっと思いついたことです。 後になれば、また違う考えになっているかもしれません。



c0335218_20563901.jpg







by telmic-gunma | 2016-09-26 21:08 | HP電卓 | Trackback | Comments(0)

さつまいも 大きくなったかと思って掘って見ましたが、まだまだでした。
写真の通り HP29Cよりも小さいのが3つでした。
これで一つの苗に出来たの全部のはず。
植えた苗(と言ってもサツマイモの葉っぱの茎です)は全部で5本なので、残りの芋はこれの4倍ですか、寂しいですね。
このような地面の中にある芋や地表にあっても熟したかどうかわからないスイカなどいつ収穫するかというのが難しいですね。
わずか5本の小さな葉っぱからこれほど立派に育つなんて(芋でなく葉っぱのこと)雑草以上の生命力がありそうです。
葉っぱの右側にあるのは、大きさ比較のための一升瓶が6本入る輸送用の箱です。
不思議と動物の被害はまだありません。敵も頭いいからもっと大きくなったら来るのでしょうか。
農薬は一度もかけませんでした。
結局 天ぷらでいただきました。

追記 2016-09-26
教えていただきました。
サツマイモの収穫時期は苗を植えてから4か月後だそうです。
サツマイモの収穫できる数ですが1本の苗から最大5本程度だそうです。
ゆえに たくさん作るには、苗をたくさん植える必要があるそうです。
ついでに、スイカの収穫時期はスイカのなっているつるのスイカに一番近いくるくると丸まったつるが枯れた時が良いそうです。
ブログに書くといろいろ教えていただけます。ありがとうございます。

c0335218_13541636.jpg














c0335218_13542810.jpg















c0335218_18345787.jpg





by telmic-gunma | 2016-09-24 14:19 | 農作業 | Trackback | Comments(1)

高校時代からの数学 ほとんど忘れてしまったので趣味で勉強はじめました。
ほんとのことを言えば、忘れる以前に頭の中に入っていなかったのですけれどね。
「年金生活始めてから勉強してどうするつもり。」なんてフレーズ、コマーシャルにあったような気がしますが、意外なことに、私の周りに定年後勉強を始める人が多いことにおどろきました。
一番のビックリは大学に入学した人がいることです。
いま大学の年間の授業料100万円以上もさることながら、入学試験によく受かったと思います。 
私はそこまでの根性ないので本やネットを使いながら独学しようと思っています。
もう一人、何度か一緒に仕事したHP電卓病にかかった仲間ですが(HP41を発売後すぐ買った)在職中も高校、大学時代の数学はたえず復習して理解できているのでこれからは、アインシュタインの相対性理論などをじっくりやっていく、と言ってました。
あまりこういう人の話を聞くと、自己嫌悪におちいるので、マイペースでやっていきます。


下記の問題はユーチューブの「超わかる!高校数学」の「n乗根の性質」に出ていたもんだいです。
ネットには、たくさんの人が数学に限らずいろいろ教えているんですね。
本だけで勉強するより家庭教師さんに教えてもらっているような感じで理解しやすそうです。
こういうので勉強するのは、独学というのでしょうか。 
この問題 理解するまで何度も逆戻りしてやっと解りました。

c0335218_09485481.jpg



































紙の上で解いて 27 という答えが出ましたが、これHP電卓で解いたらどうなるだろうということで以下にやってみました。
1行目の問題のままではHP電卓に入力できないので式を変形しました。
(1行目のままHP電卓への入力方法解る人教えてください。)
変形後のこの形ならこのままHP電卓に入力できます。

c0335218_09490881.jpg








































キー操作手順(HP29Cにて)

243
ENT
1
ENT
4
÷
Y^X
1
ENT
27
÷
1
ENT
4
÷
Y^X
×
9
Y^X
81
ENT
1
ENT
8
÷
Y^X

Y^X
÷

答え 
27.00000003
でした。

若干誤差が出ましたが精度は良くてびっくりです。
途中 指数や割り算の計算が何度もでてきたのに、桁落ちせず誤差が最後の一桁だけなんて、内部ではもっと桁数多くやっているのかしら。 後で調べてみましょう。

式からこのキー操作手順(=プログラム)への変換はHP電卓病にかかっている人なら苦もなく出来ると思いますが、
このキー操作手順から元の式を導くには、スタックの内容を調べながらかなり頭と時間を使うのではないでしょうか。

以前 コメントで菅原さんが
「スタックマシンの解析は面倒なので、それなら「最初から作ってしまえ」になりがちと聞きました。確かにFORTHなんかだと、使い捨てだったような...」
と言ってくれてますが、まさしくその通りみたいですね。
自分に必要なソフトを自分で作って自分で使う。(使い捨てという言葉にはちょっと引っかかるのですが) 
まさしくHP電卓の仕事には、丁度いいやりかたなのでしょうか。

あと このような式の変形の問題では電卓の出番はあまりないようですね。
最後の数値が合っているかの検算で役立つくらいでしょうか。



by telmic-gunma | 2016-09-22 21:50 | HP電卓 | Trackback | Comments(0)

「あけび」と「四角豆」
この写真最初はあけび3個あったのですが大きいの1つ食べてしまってからブログの載せてみようと気づき写真とりました。
ほのかな甘さでとてもおいしいのですが、種が沢山ありちょと食べづらいです。
あけびと聞くとサイクリングに行き山の中でハンガーノックになりあけびを探した人のこと思い出します。

c0335218_16295779.jpg






















四角豆 こんなのあるなんて初めて知りました。
断面が四角なんですね。
ごく普通にソテーに炒めていただきました。
クセもなくおいしかったです。
どうも ごちそうさまでした。
c0335218_16302222.jpg






















HP電卓は大きさ比較のために置いてあります。
このブログ 電子工作なんて全然なくて、もう何が何だか分からなくなっちゃいました。お許しください。


by telmic-gunma | 2016-09-18 18:46 | Trackback | Comments(2)

以前 YHP製のHP15Cの石取りゲーム解析してみましたが、今回 自分流で作ってみました。 
HP29Cを使ったのですが、HP15Cとの違いはラベル名がアルファベットから数字になっただけで、
他はすべておなじです。
基本の流れはすごく単純でみやすいです。
LBL1 から下に降りて49行からLBL1に戻る一回転のループです。
やはり、自分流の考えで出来るだけシンプルにして自分で作るのが一番わかりやすいですね。
オリジナルの石取りゲーム、なぜあそこまで複雑なのか不思議です。

やはり HP29Cでプログラムを作るのは、楽しいですね。
わくわくするこの気分の違いは何なんでしょうか。 HP15CやHP42Sとは全然違います。
デバッグ時 命令をニーモニックで見ることはできませんが、それほど苦になりません。(HP15Cも同じですが)
プログラム作成時にニーモニックとキーコードを紙に書きながら進めれば、紙のキーコードを見ることで簡単に済ませます。
ただ今回気づいた事と言うか思い出したことは、HP電卓らしさの象徴であるキーのクリックです。
HP25とHP29C のキーはべらぼうに重いのです。一つのキーがONになるために必要な押す力はHP15Cの5倍くらいあるように思えます。
40年前使っていたとき、ピアノをやってるひとがなるという腱鞘炎になるのでないかと思ったのを今頃思い出しました。
これが嫌でHP97が発売されたとき、すぐ買ったのですね。
(HP97はいまのパソコンのキーボードみたいな感じで クリックはありません )
いまは 昔のようにガチャガチャ使わないですからいいですけれど。

( フローチャートをブログ上に載せたいのですが、見やすくて簡単な方法が解ったら追加します。)

c0335218_11000116.jpg






















HP15C石取りゲーム_プログラム

01 LBL 0 ----------- スタート
02 5 ---------------- 逆表示 BLISS(勝)をR3にセット
03 5
04 1
05 7
06 8
07 STO 3
08 3 ---------------- 逆表示 1.LOSE(負)をR4にセット
09 5
10 0
11 7
12 .
13 1
14 STO 4
15 1 ------------------- 残数の初期値 15を R0にセット
16 5
17 STO 0
18 FIX 0 -------------- 少数以下の表示を無くす

19 LBL 1 -------------- メインループの頭
20 RCL 0 -------------- 現在の残数を読み込む
21 CHS ---------------- マイナス表示として人間側の入力とする
22 R/S ---------------- 人間の入力待ち
23 STO -0 ------------- 残数から人間の入力を引く
24 1 ------------------ 残数が1?
25 ENT
26 RCL 0
27 X =< 0
28 GTO 8 -------------- 残数が1なら人間の勝ち
29 RCL 0
30 PAUSE -------------- 人間が取ったあとの残数表示
31 1 ------------------ 電卓側の手の計算で最初1を引く
32 -
33 4
34 ÷ ----------------- 4で割り最良手を計算する
35 FRAC --------------- 小数点以下を出し手の計算
36 4
37 × ----------------- 4倍して引く手を整数化する
38 X<>0 (X フイッチ 0)
39 GTO 2
40 1 ------------------ 引く手が0の時は1にする
41 LBL 2
42 STO -0 ------------- 最善手を残数から引く
43 RCL 0 -------------- 電卓側の残数を見る
44 PAUSE -------------- 電卓側残数を表示する
45 1
46 X <> Y (X,Y チェンジ)
47 X =< Y -------------- 残数1?チェックする
48 GTO 9 -------------- 1なら電卓の勝ち
49 GTO 1 -------------- メインループの頭に戻る

50 LBL 8
51 FIX 1
52 RCL 4 --------------- 電卓の勝ち表示
53 R/S

54 LBL 9
55 FIX 0
56 RCL 3 --------------- 電卓の負け表示
57 R/S



by telmic-gunma | 2016-09-08 15:38 | HP電卓 | Trackback | Comments(2)

野菜つくり1年目の反省

野菜つくり1年目の反省は 多分に来年に向けての私自身記憶メモです。
見ても面白くないですよ。

c0335218_11261013.jpg






















じゃがいも キタアカリ  種イモ 3kg 700円
   紹介の言葉(ほくほくの粉質で、香りが良く、ジャガバターは最高、ビタミンCが多くとてもヘルシー。)
   種イモ 3kgで89kgの収穫があった。
   種イモを植えるとき肥しをやっただけで、その後肥しや消毒をまったくやらなかった。

スイカ 大きい ラグビーボールの形 濃い緑色でシマシマ模様はなし。
   親戚にもらった苗(2本)なので品種は聞かなかった。
   内部 赤くて甘い 皮があつくて切るのは危険ぐらい
   肥し、消毒なし。 雑草におおわれた。 来年はこまめに雑草取りをやること。

小玉スイカ ファームドゥーで苗を買う 小さく通常のスイカの形 通常のシマシマ模様、内部は黄色。
   内部は黄色だがとても甘い、皮も薄くて切りやすい。
   肥し、消毒なし。 雑草におおわれた。 来年はこまめに雑草取りをやること。

追記 2016-09-26
教えていただきました。
スイカの収穫時期はスイカのなっているつるのスイカに一番近いくるくると丸まったつるが枯れた時が良いそうです。
ブログに書くといろいろ教えていただけます。ありがとうございます。




ハツカダイコン 種で購入
   たくさん採れたが、虫食いが多い
   肥料、消毒なし。 
   来年は、虫よけカバーをして、まめに消毒をしよう。

ウグイス菜  種で購入
   たくさん採れたが、虫食いが多い
   肥料、消毒なし。 
   来年は、虫よけカバーをして、まめに消毒をしよう。

トウモロコシ(スーパーホワイトコーン)  種で購入
   40本 木が生えて各々2~3本のトウモロコシが取れた。
   食べられるのは、最初の2本まで、3本目は半分くらいしか実が付かない。
   3本目以後は切り落とすべし。栄養がとられてしまう。大きな実にならないと甘くならない。
   大きく熟したものは、とても甘くておいしかった。小さいものは、甘くなくてダメ。
   実ってから「ハクビシン」に食べられた。
   トウモロコシの木4本ぐらいが倒されて畑中に散らばっており、実がきれいに食べられていた。
   ハクビシンかどうかは見てないが、近所のひとの話ではそういうことらしい。
   1回で全部植えてしまったので、収穫も全部同時 上手なひとは、3~4回時間をずらして植えていた。
台風で半分以上が倒れたので風対策を考える。

レタス  種で購入
   たくさん採れた、虫食いは少なかった、
   肥料、消毒なし。 
   1回で全部まいたので収穫も一時にきました。当然食べきれなくて配ばったりしたが、かなり腐らせた。
   来年は、時間差をつけて分けて植えよう。 また 虫よけカバーをして、まめに消毒をしよう。

青じそ 種で購入    
   まったく生えてこない。
   種の袋の説明書きをみたら。「種を一昼夜水浸す」とありました。
   説明書きはよく読むべし。

にんじん  種で購入 
   まったく生えてこない。
   発芽までは水を十分にあたえる、と説明にあったので水分不足と思われます。
   発芽装置で発芽させてから植えたほうがいいのかな。

キュウリ  接木の苗 (10本)
   肥し、消毒 1回ずつ  枯れてキュウリが出来なくなるのが早かったがそれなりにたくさんたべられました。
   キュウリの生産農家の木は、まだ青々としている。
   聞いたところによると消毒を週1回はやり雨が降ったらまたすぐ消毒するそうだ。

ナス   接木の苗 (5本 )
   肥し、消毒 1回ずつ  たくさん食べられたけれど今はできるの少ない。
台風でほとんどが倒れたので風対策を考える。


トマト    接木の苗 (20本)
   肥し、消毒 1回ずつ  たくさん食べられたけれど今はできるの少ない。
   トータル 半分くらいは、腐ったりひび割れたりして食べられなかった。
   雨対策のビニールの覆いを考える。
   来年の苗の数は、8本ぐらいでいいかな。
  
ミニトマト もらった苗(5本)
   肥し、消毒 1回ずつ 
   トータル 8割くらいは、腐ったりひび割れたりして食べられなかった。
   雨対策のビニールの覆いを考える

ピーマン  苗(5本)
   たくさん採れた 虫食、腐り無し
   肥料、消毒なし。 
台風でほとんどが倒れたので風対策を考える。

カブラガラシ  苗(2本)
   ほどほど採れた 虫食、腐り無し
   肥料、消毒なし。 
   辛いのであまり食べない。

カボチャ  もらった苗 (2本もらって1本枯れた)
   すごい生命力でどんどん成長しました。 一つの苗で30~40個できたと思います。
   ひとにあげただけで食べてない。味は大丈夫かな。

オクラ  苗 1本
   毎日4~5個取れてちょうどよい。

いちご  もらった苗 8株
   近所の家からもらってきたのが6月ころ。来年の春には食べられるかな。

ぶどう  粒の大きい品種 苗 1本
   出来るのは5年くらい先とのことです。

収穫前 いま畑になっているもの

    サツマイモ(5本) 苗といっても葉っぱ5本が出発点 

追記 2016-09-26
サツマイモの収穫時期は苗を植えてから4か月後だそうです。
サツマイモの収穫できる数ですが1本の苗から最大5本程度だそうです。
ゆえに たくさん作るには、苗をたくさん植える必要があるそうです。

    落花生  種    20本ぐらいか

    ネギ   苗    50本ぐらいか


このあとの予定

    ホウレンソウ

    白菜(すでに遅いので 苗を買ってくるしか)

**********************************
採算はどうなったかと言えば、当然 大赤字です。
手間賃は当然ただにして、購入代金についておおざっぱに見てみます。

購入した苗および種    20,000円くらい
購入した農薬や肥料    10,000円くらい
購入した農業資材     20,000円くらい
購入した耕運機      300,000円以上(もろもろオプションなど)
( 耕運機の 300,000円は15年かけて減価償却すれば年2万円となり無視する。そこまで生きられるかが問題ですね。)

たぶんポケットマネーで買った関連品を含めればもっと沢山かかっているでしょう。
(もうほとんど パチンコと同じ遊びですね )

これで節約できたお金   
    2か月間の野菜購入費なんてとても上記の金額にはいかないのでは。
    まあ 野菜をつくる目的は、金銭だけでなく、生きがいなどそちらの方が大きいと思っています。こじつけかな。
    お金を節約するために野菜を作るならそれなりの方法はあると思います。
    種が沢山入った袋は200円前後で購入できるのですから、苗は買わないことにすればよいとおもいます。
    あとは 畑と手間だけです。
    それにしても、100坪足らずの土地でよくもこれだけ栽培できたなと思います。

新鮮なものを食べられるのは良いのですが、食べられる期間が1年(12か月)の内 1~2か月と短いので
他の10か月はやはり購入せざるをえません。(おまけに採れるときは、そればかりになり もううんざりですけど)
じゃがいものように1年間保存しておけるものなら購入なしで行けますがほとんどのものは、保存できません。

収穫量は少なくてもよいから1年間コンスタントに収穫できるような栽培ができたらいいですね。
私のいるところは冬の間は雪が数+センチ積もりっぱなしになるので屋外では難しいです。
最近 聞く野菜工場や水耕栽培などいろいろやり方はあると思いますので、トライしてみようかな。




by telmic-gunma | 2016-09-06 14:05 | 農作業 | Trackback | Comments(3)

カッコのない国

HP電卓の元となっている逆ポーランド法(RPN電卓)について子供向けに楽しく説明した絵本です。

終わりのほうに「大人のためのあとがき」がありますので、一部要約してみます。

******************************************
「コンピュータが理解しやすい言語は、人間には理解しにくく、間違えやすいのです。
そこで、まず人間が理解しやすい言語で手順を書き、それをコンピュータの理解できる言語に直すという方式が考え出されました。この翻訳プログラムがコンパイラです。
この本で取り上げた問題は、算術式や文を表す記法の間の翻訳の問題です。
演算子や動詞を最初に持ってくる記法を前置記法。
最後にもってくる記法を後置記法と呼びます。
これに対し、ふつうわたしたちが式を表すのに使っている記法は、数と数の間に演算子を持ってくるため、中置記法と呼びます。
地球上のいろいろな言語について調査した言語学者によると、動詞、主語、目的語の並べ方で存在するパターンは、次の3通りのみだったそうです。

動詞  主語  目的語    (前置記法)
主語  動詞  目的語    (中置記法)
主語  目的語 動詞     (後置記法)

これら 3つのパターンは、なんとそれぞれ前置記法、中置記法、後置記法となっています。
算術式や論理式の前置記法、と後置記法は20世紀になって、ポーランドの論理学者ルカーシェビッツからだんだんと使われるようにになりました。これに対し、日本の人々は、ずいぶん昔から後置記法的言語である日本語を話ししていたことになります。(例 2 と 3 を足す )

逆ポーランド法である後置記法 => 「何にたいしてどうする」が厳密であり解りやすい。

通常の表現方法である中置記法 => 計算記号の優先順位規則、
                  左から右への計算順番規則、
                  カッコによる優先順位の変更規則
                  上記規則があるため、とても複雑。
*******************************************
以上です。
われわれ HP電卓病に感染した人間は、いまではコンピュータが自動でやってくれるコンパイルという仕事を「何としても自分でやるぞ」と頑張る ガンコじじいかもしれませんね。
この本の本文のなかに中置記法から後置記法へ自動的に変換する方法を機関車の操車場を使った上手な説明があるのでうまい絵が書けたらあとで説明してみます。

c0335218_10522854.jpg






















「はじめて出会うコンピュータ科学」シリーズとして以下の8冊があります。
いまは絶版になりましたが、中古では購入できます。
1、 1と0の世界      ハードウエア編
2、 あいまいな文      自然言語編
3、 こわれている電卓    情報構造編
4、 カッコのない国     コンパイラ編
5、 どんどん出てくる絵   図形処理編
6、 山の背くらべ      アルゴリズム編
7、 終わりのない仕事    ネットワーク編
8、 人気のあるレストラン  オペレーティングシステム編

作 徳田雄洋  絵 村井宗二  岩波書店







by telmic-gunma | 2016-09-03 14:14 | HP電卓 | Trackback | Comments(0)

「博士の愛した数式」

新聞を見ていたら、「博士の愛した数式」という面白そうな言葉がでてきました。
よく見たら 高校生の読書感想文。
面白そうだと思い、そくアマゾンで注文しました。 
中古本 1円でした。 別途送料が250円ほどかかりますけれど。
直ぐ来た本を見たら帯に10年まえに映画化されたことになっていました。
そこで Uチューブみたら、あるんですね。 2時間ほどのものがタダで。
本を買う前に見ろ、という突っ込みは無しということで。
そく映画をみました。
面白かったです。 寺尾聡が博士役 いろいろ面白い事言ってました。

友愛数 ピタゴラスが見つけたもので 220 と 284
    約数の和が相手の数になる

完全数 約数の和が自分自身と同じになる

数学に最も近い仕事は農業だよ。
数学者もフィールドを選び種をまいて育てるだけ。
大きくなるちからは種のほうにあるんだよ。

などなど  暇なとき ぜひ見てください。
お前 本読んだのか、ですって もちろんまだです。


c0335218_14033121.jpg























by telmic-gunma | 2016-09-02 14:31 | HP電卓 | Trackback | Comments(0)

雑草の威力すごい

スイカの畑 ちょっと油断していたら雑草がはびこってしまいました。  すごい生命力ですね。
二週間くらいほったらかしだったと思います。
これはスイカ畑一面に生えた雑草です。

c0335218_16222908.jpg























スイカも雑草の陰に隠れて見えません。
c0335218_16224595.jpg























雑草を取ったら、ほんとうのスイカの葉っぱは極わずかしかありませんでした。
これじゃあ大きく成長できませんね。

c0335218_16233092.jpg
























農家の人は、毎日雑草との闘いですね。
昔は除草剤なんて無かったのでしょうから家族総出でやったのでしょうね。
友達のお母さん(90歳過ぎてます)は暇さえあれば、畑に出て草取りをしているそうです。
「やらなくてもいいよ」と言ってもすぐ出て行ってしまうそうです。
もう 体に染みついているのでしょうか。仕事をやるにはここまで行きたいですね。


by telmic-gunma | 2016-09-01 17:02 | 農作業 | Trackback | Comments(0)