ブログトップ

電子工作やってみたよ

お年玉にあげるレゴのマインドストームEV3 まず私が1号機組み立ててみました。
この1台を組み立てるのに3時間以上かかってしまいました。
組んではばらし、ばらしては組んでの繰り返し。
同じような形の部品が多いので間違いが多かったのですよ。
形だけで、まだ動いてはいません。
これ 小学校1年生に組み立てることできるかしらねえ。
まあ70歳近いじいさんよりは、まともにやるでしょう。
説明書には言葉が一切載っておらずイラストのみ。
これなら小さい子にもやりやすいでしょうか。
しかし組み立ての手順が載っている説明書はこの1機種のみ。
箱には完成写真が何機種も載っていますが、その完成写真だけで組み立てろということなのですか。
私にとっては、ボケ防止にちょうどいいですけれどね。



c0335218_22275411.jpg















c0335218_22282903.jpg

















c0335218_22290328.jpg
















c0335218_22294371.jpg



by telmic-gunma | 2016-12-21 23:11 | レゴ マインドストーム | Trackback | Comments(2)

出張の帰り寄り道して 多摩サイクリングロード走ってみました。
ここは、かの自民党の谷垣元幹事長が自転車でコケたところですね。
私にとっては10年ぶりくらいになります。
以前は出発点近くの福生市に住んでいたのでダイエットかねて毎日走っていました。
林の中を通ったり砂利道だったり結構楽しかったのですが、今はほとんど舗装になってました。
ここは自転車も多くまた歩行者も同じところを大勢が歩いているので、サイクリングロードの中では一番危険に感じます。

追記 
谷垣元幹事長が乗っている自転車は神田にあったALPS(アルプス)という会社のもので、私のと同じでした。(すでに閉店)
世の中狭いですね。


立川近くの河川敷グランド

c0335218_19510029.jpg


















多摩川の上を走るモノレールc0335218_19520789.jpg



















土手の上の多摩サイクリングロード
c0335218_19530541.jpg









c0335218_19533534.jpg





























今回の新兵器 エルゴグリップ 手を着く面積が広いのでとても楽です。六角レンチで取り付けられ位置や角度も簡単に調整できます。
c0335218_19540494.jpg
by telmic-gunma | 2016-12-18 20:19 | サイクリング | Trackback | Comments(4)

韓国は病気?

何人かの韓国の若い人と仕事上でお付き合いしたことがあります。
私がお世話になってばかりでしたが、とても優秀で親切な人たちでした。
ところがここ数年、国としての韓国のやっていることは、人間としてどうなの?と思えることばかり。
韓国全体が精神病を病んでいるように思えます。
そんな時 いつも愛読しているメールマガジンで”疋田 智”(ヒキタ サトシ)さんが面白いこと言ってたのでここに載せます。
(疋田 智さんはTBSのプロデューサーで自転車関連の本を沢山出しています。)
********************************************
疋田 智(ヒキタ サトシ)
週刊 自転車ツーキニスト "Weekly Bicycle Tourkinist"

        隣国との付き合い方を考える691号

■もとより辞任は避けられなかったけど

 テレビ見てて、すぐに思ったよ。「わお、大統領、それやっちゃ駄目だって。そんなこと閣下自身が一番よく分かってるだろうに…」
 いえね、もちろん韓国・朴槿恵大統領の会見の話なんだけど、昨日ついに「百回でも謝罪したい」の文言とともに「辞任を示唆」し、判断を国会に任せたという。
「与野党が論議し、国政の混乱と空白を最小化し、安定して政権を移譲できる方案を作って下されば、その日程と法手続きに従い、大統領職を退きます」だそうだ。

 だけど、大統領閣下、閣下のお国でその内容は最悪でしたぜ。
 お国では、いったん謝罪でもしたら、謝罪された方はなおさら居丈高になって「誠意が足りない!」「頭を地べたにすりつけろ!!」「誠意の証拠を差し出せ!!!」「それでも許さない!!!!」「そもそも親の代から!!!!!」などと言うのが常識、そんなのは目に見えていたでしょうが。
 だって、閣下ご自身、そして歴代のお仲間が、まさに我々にそうしてきたんですから。
 ほら、現実としてもそうなった。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/215834/112900052/?i_cid=nbpnbo_tp

■そもそも何でそこまで盛り上がってるのか?

 それにしても、一連の騒動でありますが、そもそも何ゆえここまで「怒り沸騰!」にならねばならんのか、私には今ひとつ理解不能だった。
 そりゃ、ひとつひとつは褒められたこっちゃないよ。特に、2つの財団に支払われた使途不明かつ意味不明の資金はね。ありゃ致命的だった。また、崔容疑者の金満生活だの、娘の裏口入学だの、大統領府のバイアグラ購入だの(笑)のゴシップ系も、あー、タマラン人が暗躍してるな、何とかしてくれよ、と、国民ならば思っただろう。それも分かる。
 ただ、毎週末に100万人単位のデモが起きるほどの話かね?
 今回のテレビ映像、国際的な常識から言ったら、あたかも「革命前夜」か「クーデター」だよ。

 崔容疑者が「怪しい呪術師」か何かで、思うままに大統領を操ってた、つっても、事実として、本当にそうなのか? ただそう見える、疑わしや~、というだけだろうに。
 このあたりが「感情の針の振れ幅が大きすぎる」「一度流れが決まると異論を許さない!」の、隣国マインドのタマランところなんだけど、でも、ま、そのあたりはいいや。
 別の国のことだもの。
 お国はお国の、お好きなやり方で、どうぞそのまま続けてればよろしい。
 しかしね、朴槿恵さんについての、この「水に落ちた犬は打て」ぶりは、隣国の我々として、学ぶところが多かったような気がするぞ。

■「あの人とはこう付き合う」というメソッド

 普段の人付き合いの中でも、そういうことってないすか?
 なんか「あの人との付き合いはちょっとテクニックがいる、ちょっと考えた方がいい」というようなこと。
 たとえば「あいつに借りを作ると、恩着せがましく末代まで言いつづけるぞ」みたいな人が、かつて私の周囲にいた。だから、私は、そいつから借りを作るような真似を、たった1度だけして(痛恨!)その後、お礼をして、どうこうして、とことん辟易して、結局、いつしか敬遠するようになった。
 また「必ずこちらのふるまいをカンチガイして、曲解して、周囲に言いふらす」という感じの知り合いもいた。こちらの人物に関しては、さほどの邪悪さはなかったんだけど、あまりに周囲から(ヒキタについての)ヘンな誤解が伝わってくるんで(どう考えても発信源はその彼女)これまた辟易して、あえて踏み込んだ付き合いをしないようにしていた。

 そういう人って、望む望まないに関わらず、現実として「いる」のだ。
 いわば「すっごく浅いサイコパス」。
 でも、社会生活を営む以上、そういう人とまったく付き合わないわけにはいかない。人付き合いを完全にコントロールすることなどできないからね。
 こちらとしてできることは「付き合い方を考える」ということしかないわけだ。
 たとえば、仕事の付き合いでいきなり出現してきたらどうするか、はたまた、いきなり隣に引っ越してきたらどうする。
 ニコニコ笑いながら、敬して遠ざけるしかないだろう。
 それは、日々を生きる上での、必要不可欠の知恵とすらいえる。

■というわけで、隣国との付き合い

 というわけで、対策を立てるには、まずは傾向を知らねばならん。
 ふむ、たとえば隣国の行動パターンについて、今回の話から学ぶべき点は何か。
 パターンや傾向は確かにある。しかもそんなに難解じゃない。……というより、じつに分かりやすい。

◎謝った者に対しては、必ず居丈高になり「もっとやれ、これもやれ、あれもくれ」と繰り返し、決して許さない。
◎一度、流れができると、異論をすべて封じこめてしまう。
◎感情だけが最優先で、法や論理や理屈は通じない。
◎誠意を見せればつけ込み、邪推し、決してやめることがない。
◎自分には甘いのに、他人にはことのほか厳しい。

 ……と、まあ、他にも色々あるけど、今回の騒動でまたまた実感させられたのは、そんなところだ。
 こうした性癖を持つ隣人と、いったいどう付き合えばいいのか?
 ニコニコ笑いながら、敬して遠ざけるしかないだろう。
 ことさらに深い付き合いをしない。利害関係を作らない。約束をしない。期待しない。謝らない。叩かない。褒めない。貶さない。……だって、お隣に住む人は「そういう人」なのだ。
 そういう個性の人。そして、誰もがご存じの通り、個性や性癖というものは、決して矯正されることがない。
 今回の一連の騒動は「わお、やっぱり貴方がたは“本質的にそういう人々”だったのね(日本に対してだけじゃなく!)」というのを、ココロの底から分からせてくれたと思う。

 だからね、財界の方々、政府の方々、通貨スワップなんて絶対にやっちゃ駄目ですよ。必ず恩を仇で返されるから。世界遺産のときのように。
 でも、拒否してもだめですよ。
 逆恨みして「告げ口」を始めるから。
 ニコニコ笑いながら「どうでしょうね~、時期も金額も考慮の余地があるでしょうね~」なんて、のらりくらりと先延ばしにして、いつまでもなにもしない、というのが最高のソリューションではないでしょうか。他の国々との付き合いとは、ひと味もふた味も違ってね。
 何を突っ込まれても「いえ、やらないというわけじゃなく、やるというわけでもなく、慎重に考えている途中でありまして、まだ国民全体の合意とでもいいましょうか、そうした必要不可欠とでもいうべきものが、いわゆる未達でも申し上げましょうか、形成されておりませんでして、なんですか、ナントカいう少女人形のことなんかも考える余地がある、なんて言う人もおりまして、もじゃもじゃ……」などと言っておくべきでしょう。
 ちょっと風変わりで独特な隣人とうまく付き合うコツ。
 我々はもうそろそろ、それを会得するべきなんですよ、たぶん。

【自転車通勤で行こう】
http://tourkinist.jp/classic/
バックナンバーはこちら。
http://melma.com/backnumber_16703/
********************************************
ここまで 疋田 智さんのメールマガジンのコピーです。



by telmic-gunma | 2016-12-09 08:05 | ときどき思うこと | Trackback | Comments(2)

電池CR2032が使用されている最近の2機種について消費電流を計ってみました。
2機種とも電池は並列で使用されパワーコントロールされているようなので同時に各々を計り合計してみました。
hp15C_LEに関しては、電流のバランスが崩れても合計が一定になるように制御されているようです。
やはり電源OFF時の消費電流が昔のものに比べて100倍から1000倍大きくなっていますね。
これだもの机にしまっておくだけで電池が無くなってしまうのですね。
意外にもキー入力待ちの時は、少ないです。
プログラム実行中の消費電流は演算速度がダントツのHP15C-LEがやはり一番食べてます。
これで気になる機種の消費電流はひと通り計りましたが、電池が早くなくなると言われているものは、それなりに消費電流が大きいことが裏付けられました。
電流測定は、三和計測器のデジタルテスター PC5000を使用しました。
この測定では、2個の電池の各々の電流が変な挙動をするので、一週間以上悩みました。
HP15C_LEの電源OFF時の3.65μA以下の”以下”は不要です。

c0335218_17432480.jpg


















c0335218_17433451.jpg
















追記(2016-12-3 )
すがわらさんからコメントで測定データーに検証を加えていただいたのでここに移しました。
********************************************************************
HP35sの大喰らいが実証されましたね。それにしてもこの暗電流の多さは... 完全に設計ミスだと思える量。CPUの設計の古さなんでしょうね。
パナのCR2032の公称容量は220mAhと有りますから、全部使えるとして10476時間なので436日。実際には半分くらいで電圧不足になるのでしょうから、218日なので7カ月程度。まぁ半年くらいでダメになるという感触と有っているように思います。
少し前から0.9V程度あれば起動できるDC-DCコンバーターが実用化されてますので、そういったものを搭載して、最後の一滴まで搾り尽すような設計が欲しいですね。
********************************************************************



by telmic-gunma | 2016-12-02 18:03 | HP電卓 | Trackback | Comments(2)