ブログトップ

電子工作やってみたよ

友達からこのブログのコメントの書き方がよくわからないと言われたので簡単な説明します。

ブログの右下の comment の文字をクリックすると入力画面が出てきます。

書くのは「名前」と大きい枠の「コメントらん」だけで大丈夫です。

「名前」は本名である必要はなく自分で考えたニックネームでいいです。

「URL」 「画像認証」 「削除用パスワード」 などは必要ありません。

書き込んだ内容は皆さんに読まれるので、個人情報は書かない方がいいです。

もし後から削除してほしいときは、日付と表題を書いて、私の方にコメントいただければ削除します。

文章の長さは3~4行ほどが無難と思います。時々誤動作でせっかく書いた文章が消えてしまうことがあります。

(追記)
コメントは古いブログでも書き込んでいただいたとき、私の方にはすぐわかります。
私からのアンサーもその古いところに書き込まれますので、後で見てください。



by telmic-gunma | 2017-03-14 06:20 | このブログのコメントは簡単 | Trackback | Comments(2)

日本三大堰の一つ 山梨県の徳島堰を走りました。
山梨県北杜市の国道20号線沿いに釜無川が流れておりそこに釜無川サイクリングロードが有ります。
まずは そこを上流へすすみ徳島堰が釜無川から水をとっている取水口を目指します。
10時ころついたのですが、例によって「関係者以外立ち入り禁止」となっており見学はできずそこから下流の徳島堰の流れを追うことにします。

考えてみると 350年も前にこの堰を作ったのはすごいことですよね。
パワーショベルもブルドーザーもダンプカーも無い時代にどうやったのでしょう。
セメントも無いですよね。 クワはあったでしょうが、シャベルなんてあったのかなー。
どのようにして作ったのでしょうか。
こういうのを見ると、いつも「あれがないから出来ない、これがないから出来ない」なんて言ってることが恥ずかしいです。
この堰を通したコース。 等高線に沿ってできるだけ遠方までとどくようにやったのでしょうけれど、当時そんな測定器あったのかな。
よほど頭のいい人が計算したのでしょうね。
作った人は何百年何千年も先の自分たちの子孫まで代々、役に立つことを願って作ったのでしょう。
当時からみればはるかに科学が進んだ現代でもこの350年前の徳島堰のお世話になっている人が沢山いるなんてすばらしいことですね。
いろいろと こんなことに思いを巡らせることも楽しいですね。


取水口から出てきた所です。
c0335218_19363966.jpg

途中 この徳島堰の説明看板が有りましたので写真に撮りました。 見えますでしょうか。

c0335218_19365697.jpg

安全のため堰にはフェンスがついています。

c0335218_19364676.jpg
堰はここから先 トンネルに入ります。 
右方向の山から左方向の釜無川に向けて沢というか大きな川が流れておりその下をトンネルでくぐります。
向こう側まで50m以上はありそうですね。 セメントも無い時代どのように作ったの。

c0335218_19375102.jpg

ほとんどのところは堰の隣には道が付いておりますが車は全く通りません。
サイクリングには最高
c0335218_19383697.jpg

淡々と流れていきます
c0335218_19370876.jpg
これは発電機だそうです。 350年前の人が作ったのならすごいことですけれど。

c0335218_19371193.jpg
武田八幡神社です。  ここまででグロッキー 次回ここから続きをやってみます。
距離はまだ大したこと無いんですけれどね。

c0335218_19390362.jpg

自転車のハーフクリップの位置について。
別のペダルに変えて最初より2cmほどつま先の位置を前にずらしました。
漕ぐ感じはグット楽になりました。ただハーフクリップが前輪のタイヤに当たるようになっちゃいましたけれど、
通常漕いでいるときはハンドルを切らないので全く気になりません。
乗り始めの最初の足はハーフクリップに入れておいてスタートするので問題ないのですが、後足はハーフクリップが逆さまになっているので、直してから入れるのでいれずらいです。






by telmic-gunma | 2017-03-12 20:43 | サイクリング | Trackback | Comments(0)

いつも川越の町(埼玉県)を通るのですが町の中を歩いたことなかったので歩いてみました。
江戸時代からの建物があるということで、町の人に聞きながら行ってみました。

c0335218_22174410.jpg
c0335218_22174981.jpg
c0335218_22190900.jpg
そんななかに木製、竹製の道具を扱っているお店が有りました。
もしや、と思って入ったら ありましたね。
「わっぱ」と言う木製のお弁当箱。
以前 芋ほりに行ったとき、来ていた人たちがこれを使っていました。
なんでも これに入れておくと、ご飯がいつまでもとても美味しいそうです。
なかなか見つからなかったのですが、やっとご対面できました。
気にしているといつか会えるようですね.
電卓HP29Cは大きさ比較のためのせました。
こんど、これにお弁当詰めてサイクリングに行ってみます。

c0335218_22191311.jpg
c0335218_22192162.jpg


by telmic-gunma | 2017-03-11 23:01 | サイクリング | Trackback | Comments(4)

ブログを始めてよかった

このブログを書き始めたのは2014年10月からです。
年金暮らしを始めたのはチョット前の2014年6月からですね。
やることは農作業や家の片づけなどそれなりにありましたが、生活の充実感というものがいまいち感じられない状態でした。
そんな時、職場の仲間だった「くさかさん」と話をしている中で「ブログを書けばいいんじゃないの」と言われ「それ いいかも」と感じ挑戦を始めました。そのへん細かな経緯は忘れちゃいましたけれど。
(注、くさかさんは私よりはるかに若い現役バリバリの技術者です。決して同年配ではありません)
まずは、ブログの会社をどこにするか。 これは私の好きな自転車雑誌の編集長をしている田村さんのブログと同じ「エキサイトブログ」にしました。
次 何を書くか、ブログタイトルをどうするか? 
仕事がらみで「電子工作」は長くやっていたから書くことは沢山あると思いましたが、ネットで検索するとこの名前は星の数ほど使われているんですね。
都合悪けりゃあとで変えればいいやとして「電子工作やってみたよ」に決めちゃいました。
始まりはこんな感じでしたね。

途中書かない期間もありましたが、二年ほど続けて来ました。
それでは書き始めのきっかけとなった「生活の充実感」はどうなの について。
本末転倒になってしまったようで、今ではブログを書くためにサイクリングをしたり HP電卓をいじったり数学の勉強したり、
他人から見れば、「何バカやってるの」と思えることばかり。
それでいいと思っています。 まずは、自分が納得できて、人様に迷惑をかけていなければ。
欲を言えば、少しはひとの役に立つことが書ければ最高と思います。



by telmic-gunma | 2017-03-03 12:47 | ときどき思うこと | Trackback | Comments(0)