ブログトップ

電子工作やってみたよ

リンゴを持って先日頂いた柿のお礼に行ったら、丁度干し柿を作っているところでした。
同じ渋柿でも甘くする方法はいろいろあるのですね。
先日頂いたのは、木になっている状態で渋抜きをしたので、実も生のままで歯ごたえが適度にあり美味しかったですが、
この干し柿は柿の皮をむいて白い粉がふくまで乾燥させるそうです。
この干し柿の一番おいしい時は白い粉のふく直前だそうです。
柔らかくてトローンとして最高だそうです。
「御馳走するからまたおいで」と言われたので、こうい時はごくごく素直に言う事を聞いちゃいます。

c0335218_20062993.jpg



c0335218_20323388.jpg


皮をむいてこれから吊るすところですね。
皮をむく専用の機械は300万円もして買えないから、電気ドリルを改造して作ったというものを使っていました。
何でも回転させるスピードに工夫があって回転が早すぎると実までむけちゃうし、遅いと仕事が進まないので苦労したそうです。
また消毒にも気を付けて作業をすすめているそうです。
凄いですね、80歳過ぎのおじいさんが創意工夫しながら良いものを作ろうと頑張っているなんて尊敬しちゃいますね。
こういう仕事にあこがれますね。 わたしも死ぬまで仕事をしていたいです。

c0335218_20074819.jpg


村の中を散歩している途中にあるリンゴ屋さん。
葉っぱがちょっと萎れてきたようなので、リンゴがより熟したところでしょうか。
品種はなにかな?   たぶん「ふじ」だと思いますが。こういうのまったく 疎いのですいません。

c0335218_21044243.jpg


c0335218_21020806.jpg


このブログの題名 「電子工作やってみたよ」 はどうなったのでしょうか。
いちおう気にはしているので、あたたかく見てやってください。




by telmic-gunma | 2017-11-28 20:36 | 季節の風景 | Trackback | Comments(2)

日産ノートに自転車を積もうとするとどうしても後部座席を倒して積むしかありません。
これだと後部座席に荷物を積んだり人を乗せたりすることが出来ません。
出張に行く機会が結構多いのですがいつも荷物がかなりあり、自転車といっしょに積むことが出来ませんでした。
そこで何とか後部座席は人や荷物の為に温存しておいて、昔で言うところのトランクに自転車を乗せることが出来ないか、いろいろやって見ました。
なぜ 仕事に行くのに自転車が必要なんだ、と聞かれると返事に困るのですが、私の家の周りは冬の間、雪が積もったり道路が凍結したりで自転車にあまり乗れません。
ならば、途中の雪のないところで、自転車に乗れればいいな、と思って今回のチャレンジでした。


これ 最終的になんとか押し込みました。 バックミラー使って後ろ見ること出来そうもないな。大丈夫か。
自動車のスペアタイヤが無ければ、丁度いい高さまで下がると思うけれど。
c0335218_20281950.jpg



まずはフレームだけ載せてみた。車輪は前後とも外しましたが、フロントフォークは付けたままですみました。
チェーンにはカバーを付けて周りが汚れないようにしてあります。

c0335218_20285435.jpg



これはいままでの積み方、後部座席を倒して自転車を積みます。車輪は前後とも外してあります。
当然 後ろの席には人は乗れませんし荷物もほとんど積めません。

c0335218_20291139.jpg



自転車を乗せる前の状態です。 スペアタイヤが置いてありますが、本来は積まない設定だそうです。
これが無ければ楽々自転車が載せられるのですけれどね。
自転車ではしょっちゅうパンクしていますが、自動車でパンクしたこと記憶にないですね。
だからと言ってスペアタイヤを積まないなんて、臆病な私にはできないですね。
高速道路でも時たまパンクした車が路肩に停まっていますもの。 
いまスペアタイヤは車を買った時付いてこないのですね。
冬用タイヤに履き替えたところですので、このスペアは夏用タイヤを積んだものです。夏になったら逆にするだけ。
そう 今日2017年11月19日(日曜日)初雪が降りました。朝 畑が真っ白でしたが太陽が照ったら消えてしまいました。

いつも思うのですが、事前に準備や対策をしてあるとトラブルは起きなくて、油断して準備をしてないと取り返しのつかないトラブルが起きるようですね。
事前の準備や対策にはかなりのお金や時間がかかるのに、ほとんどが無駄になります。
しかしこれは無駄になることが良い事であって、本当の意味では無駄ではないのですね。
それでも仕事上でのトラブルは起きたとしても、お金と時間をかければ解決できることがほとんどと思います。
ただ個人の場合、準備や対策がしてないでトラブルが起きた場合は、人生そのものがかなりの確率でとんでもない方向に行ってしまうようです。
(わたし 準備しておいたつもりでもとんでもない方向に行きましたけれど。)
原因は二つ、 借金と健康(借金借りるほうも貸す方も) 親戚や仲間のトラブルはみなこの二つです。
なので、わたし 少しでもボケ防止になるようにこのブログ書いてます ???。

c0335218_20273247.jpg


庭に咲いた?、「南天」の木です。 これは白の実をつけています。
よく 重箱に詰めたお赤飯の上に載せてありましたね。

c0335218_20310124.jpg


こちらも「南天」の実 赤です。 白と赤は全く別の木ですね。 一つの木に赤と白の実がなることはないみたいです。

c0335218_20303848.jpg



by telmic-gunma | 2017-11-19 21:46 | サイクリング | Trackback | Comments(2)

前回 π(パイ)円周率 を求めるのにモンテカルロ法を使って遊んでみましたが、調べる範囲が解っているのになぜ乱数使ってやるの? 
と疑問が湧いたのでモンテカルロ法をちょっと変えてやってみました。
図のNo1はモンテカルロ法で、ひとつの真四角の中に乱数でランダムに点を置いて半円(1/4円)の内側にあるかを調べて数の比率で円周率を求めます。
しかし 調べる範囲が決まっているのだから、なにも不安定な乱数でやることはないと思います。
No2は端から順番に均一に調べていく方法です。 これならばらつきもなく精度が上がるのでないかと思いやってみました。
とりあえず 演算時間もあるので真四角を立て横100等分して合計10000点で調べました。



c0335218_18194215.jpg



c0335218_10462042.jpg


全プログラムリスト 

HP32Sのプログラムです。
10000点のデータが出るまでに20分かかりました。

A01 LBL A
A02 0
A03 STO X
A04 STO Y
A05 STO T
A06 STO P

B01 LBL B
B02 RCL X

C01 LBL C
C02 XEQ H
C03 0.01
C04 STO +Y
C05 RCL Y
C06 1
C07 X>Y ?
C08 GTO C
C09 0
C10 STO Y
C11 0.01
C12 STO +X
C13 RCL X
C14 PSE
C15 1
C16 X>Y ?
C17 GTO B
C18 RCL T
C19 RCL P
C20 STOP

H01 LBL H
H02 1
H03 STO +T
H04 RCL X
H05 X^2 Xの2乗
H06 RCL Y
H07 X^2
H08 +
H09 1
H10 X<Y ?
H11 RTN
H12 1
H13 STO +P
H14 RTN


使用した変数
X
Y
P
T

結果
円の内側の点  7953
真四角の全点 10000

円周率  ( 7953 * 4 ) / 10000 = 3.1812

モンテカルロ法より悪いですね。 縦横100等分ではまだ粗いということでしょうか。
しかし HP電卓でやてみるとこれでも20分かかりました。



************************************************************************

同じ動作をするものを PC9801のN88Basicで組んでみました。(古いですね)
内部演算をバイナリでやっているため、計算の終わりに近づくと少しづつ誤差が累積してきます。
演算時間は30秒くらいでしょうか。

X=0: Y=0: T=0: P=0

WHILE X < 1
PRINT X
WHILE Y < 1
T = T + 1
L = ( X^2 + Y^2 )
IF L < 1 THEN P = P + 1
Y =Y + 0.01
WEND
Y = 0
X = X + 0.01
WEND
PRINT T
PRINT P




これで終わりです。





親戚の農家から柿を貰いました。
柿の品評会で金賞を何度もとったことがあるそうです。
この家の周りには、手入れをされた柿の木がなん十本もあります。
今は 80歳をとうに過ぎていますが、柿を作り始めた歳がなんと70歳だそうで、今の私より歳をとっていたんだ。 弟子入りして教わろうかな。
最初木になっている時は渋柿ですが、木になっている状態でビニール袋を被せ渋抜きをして甘くするそうです。
柿を切って見ると断面にはゴマというのですか黒いつぶつぶがたくさんあります。 当然種なしです。
実は固くて歯ごたえがあり、とても美味しいです。
さて 悩むのは、お返しをどうしよう、ということですね。
もう少したつとりんごがもらえる予定なのでそれ持ってお返しかねて遊びに行ってみようかな。
ついでに言ってしまうと、我が家のネギの苗もこの親戚からもらったものです。
プロというか年期が入っていて市販されている苗よりもとても元気の良いものを作ります。
写真の左下にあるのはHP29c電卓です。大きさ比較のために置きましたがじゃまでしたね。
電卓の上下の長さは13cmです。  この柿を貰う前日スーパーで一つ100円の柿買ってきて食べましたが、それよりもこの方が大きくて美味しいです。

c0335218_19432926.jpg




by telmic-gunma | 2017-11-16 11:20 | HP電卓 | Trackback | Comments(0)

回路シミュレータで数学のe (ネイピア数)を導いているのをみつけました。
先日(2017年10月29日)のブログでHP電卓を使ってeを求めて見ましたが、同じ値がアナログ電子回路だけで出てくるなんてとても不思議ですね。
ただこれはあくまでシミュレータ上での動作です。
本物の回路で動作させるには疑問点がありますね。
ひとつは 無限大を使うために10kVをアンプに入れていますが、現実にはこの電圧を入力できるものは存在しないと思います。
もうひとつ べき乗器 XのY乗なんて動作するアンプは存在するのかしら。
掛け算器やlogアンプは在りますけれど、これをうまく組み合わせるとべき乗器が出来るのでしょうか。
このへん実物で動作するか、トライしてみたいですね。
数式が書いてありますが、まったく回路図と同じですね。 まあ これが本当のアナログコンピュータなのでしょう。

c0335218_21521085.jpg


c0335218_21194189.jpg

この回路の出典は、 サーキットビューア(回路シミュレータの商品名称)のサンプル回路に載っていました。




わが家の庭のイチョウの木です。 本物はほぼ黄色なのに写真で見るとかなり緑色なのですね。
手入れが大変なので高さを2m位(背の高さよりちょっと高いだけ)にしたのに今は3m位に伸びてますね。
また思い切り短くしようかな。

c0335218_09373956.jpg





by telmic-gunma | 2017-11-12 22:23 | シュミレータ | Trackback | Comments(2)

HP電卓の入門解説書(モデル67,07)が本棚の奥から出てきました。
これは YHP(横河ヒューレット・パッカード株式会社)が作ったもので、逆ポーランドの動作や、HP電卓の操作がとても解りやすく書いてあります。
HP電卓においては機種が違っても逆ポーランド法の基本はすべて同じです。
上位機種になるほど命令の種類やメモリーがふえるだけです。
ですので ここに載せたモデル67/モデル97の基本のところはたの機種にもそのまま使えます。

この冊子をスキャナで読みjpgファイルにしてパソコンで読むにはくっきりと大きな文字で読みやすいのですが、ブログに転送すると途端に小さな文字となり読みにくくなってしまいます。
いろいろ試したのですが jpgファイルの大きさにより違いがあるようです。
あるサイズ以下ならば拡大され、あるサイズを超えるとそのままか縮小されてしまうようです。
もう少し試してみます。とりあえずは大小混在していますが、ガマンしてください。


c0335218_23353432.jpg

c0335218_08453438.jpg

c0335218_08460848.jpg

c0335218_08474937.jpg

c0335218_08490040.jpg

c0335218_08495602.jpg

c0335218_08503585.jpg

c0335218_08515099.jpg

c0335218_08530244.jpg

c0335218_08535581.jpg

c0335218_08545157.jpg

c0335218_08572368.jpg

c0335218_08594930.jpg

c0335218_09013315.jpg

c0335218_09033212.jpg

c0335218_09043306.jpg

c0335218_09052911.jpg

c0335218_09064069.jpg

c0335218_09081649.jpg

c0335218_09102264.jpg

c0335218_09112729.jpg

c0335218_09125588.jpg

c0335218_09281082.jpg

c0335218_09143865.jpg

c0335218_09302151.jpg

c0335218_09315866.jpg

c0335218_09370363.jpg

c0335218_09354987.jpg

c0335218_09380429.jpg

c0335218_09391805.jpg

c0335218_09403267.jpg

c0335218_09414487.jpg

c0335218_09423894.jpg

c0335218_09433998.jpg

c0335218_09484526.jpg


by telmic-gunma | 2017-11-07 21:24 | HP電卓 | Trackback | Comments(2)