ブログトップ

電子工作やってみたよ

マインドストームのバラ部品を小学一年生の孫に預けておいたら、遊びながら2時間ほどで組み立ててしまいました。(くわがたリモコンロボ) もう びっくりですね。 
私が小学一年生のころは、おもちゃと言えばまだブリキのものや木製のものしか無い時代でした。
今の子は小さいときからガンダム(これも古いのかな)などのプラモデルを作っているので、このようなものに抵抗なく入れるのでしょうね。
プログラムはこれから教えるつもりですが、この調子だとすぐ追い越されてしまいそう。 小学生低学年では無理などと思っていたのは間違いかもね。


c0335218_19272981.jpg


c0335218_19265632.jpg


この花 アルストロメリア 未だ咲いています。 長いですね。 最初にブログに載せたのは6月12日ですので、もうまる2か月咲いていることになりますね。
他の花はもう終わってしまったのに、これだけはずーっと咲いています。



c0335218_14035237.jpg











by telmic-gunma | 2017-08-18 20:46 | レゴ マインドストーム | Trackback | Comments(4)

知らないこととは、恥ずかしいというか
アフレルから詳しい説明書付きでマインドストームが販売されていました。
「デビューセット」という最初の入門用のものには以下の4冊が付いています。
大きな図と文字がカラー印刷されており、たいへん判りやすいですね。


デビュー編1号 EV3デビュー
   全体の概要とソフトのインストールの説明

デビュー編2号 EV3ベースロボを動かそう
   簡単なソフトの組み方 および ロボットの機械的な組み方の説明

デビュー編3号 EV3でライントレース
   ライントレースおよびグリッパーのソフトと機械的な組み方の説明

デビュー編4号 EV3 ジャイロセンサーで楽しもう
   ジャイロセンサーを使って セグウェイのようなロボット(ここではジャイロボーイと言ってる)の説明



c0335218_20192083.jpg


これは 2号の中のモーターについての説明です。 とてもわかりやすいと思います。

c0335218_20205008.jpg

以下のものは オプションで一冊1000円で販売されています。
これ以外にも説明書が販売されています。
左側から

教育版 EV3アプリプログラミングガイド     ソフトのヘルプを詳しくしてプリントした感じ。

教育版 EV3ソフトウエアプログラミングガイド  ソフトのヘルプを詳しくしてプリントした感じ。

教育版 EV3 C言語  プログラミングガイド  インストールの方法から関数の使い方まで説明されてます。

教育版 EV3 LabVIEW プログラミングガイド  インストールの方法から関数の使い方まで説明されてます。


c0335218_20193586.jpg



C言語  プログラミングガイドの内容です。
サンプルプログラムが載っています。 マインドストームの図形ソフトでなれるとこれは拒絶反応が出てきそうです。

c0335218_20215083.jpg




c0335218_20212084.jpg

この アフレル ではこの他にもいろいろ教材として販売しているそうです。
講習会を開いたり、ロボットコンテストをやったり、ロボジョイくらぶというのも運営しているそうです。
ネット販売で単にハードを売るというだけでなく、このように 後々までユーザーを助ける形での商売はいいですね。






by telmic-gunma | 2017-04-15 10:00 | レゴ マインドストーム | Trackback | Comments(4)

タッチセンサーを取り付けて 障害物にあたったら避けるようにして見ました。
慣れてくると このプログラム 意外と簡単かもしれません。
小学生 低学年でも出来るかも。
これ以外にも いろいろなセンサーがあるので、たくさん楽しめそうです。


 
c0335218_09515406.jpg


c0335218_09521231.jpg



c0335218_09523203.jpg


この動作をするプログラムです。
ループにして同じ動作が連続するようになっています。

c0335218_09525019.jpg









by telmic-gunma | 2017-04-10 10:33 | レゴ マインドストーム | Trackback | Comments(0)

レゴのマインドストーム 勉強して孫に教えてあげる約束なのですが中々進みません。
仲間には「お孫さん 中学生になっちゃうよ」なんて言われちゃうし、
このままだと、私が孫に教えてもらうことになるかも。

EV3にモーター出力やスイッチ入力をつないで少し回転させることができました。
世の中に LabVIEW(ラボビュー)という絵で表現する計測用のソフトがありますが、マインドストームも絵を並べて動作をさせています。
似ているなー思っていたらマインドストームの画面の隅に”LabVIEW”のロゴが表示されていました。
これは 同じメーカーが作っていたということですね。
今日は これからの第一歩ということで ここまででゆるして下さい。

c0335218_19183755.jpg


by telmic-gunma | 2017-02-26 22:25 | レゴ マインドストーム | Trackback | Comments(0)

お年玉にあげるレゴのマインドストームEV3 まず私が1号機組み立ててみました。
この1台を組み立てるのに3時間以上かかってしまいました。
組んではばらし、ばらしては組んでの繰り返し。
同じような形の部品が多いので間違いが多かったのですよ。
形だけで、まだ動いてはいません。
これ 小学校1年生に組み立てることできるかしらねえ。
まあ70歳近いじいさんよりは、まともにやるでしょう。
説明書には言葉が一切載っておらずイラストのみ。
これなら小さい子にもやりやすいでしょうか。
しかし組み立ての手順が載っている説明書はこの1機種のみ。
箱には完成写真が何機種も載っていますが、その完成写真だけで組み立てろということなのですか。
私にとっては、ボケ防止にちょうどいいですけれどね。



c0335218_22275411.jpg















c0335218_22282903.jpg

















c0335218_22290328.jpg
















c0335218_22294371.jpg



by telmic-gunma | 2016-12-21 23:11 | レゴ マインドストーム | Trackback | Comments(2)

30年前も「レゴ」はすごかったけれど、今の「レゴ」もすごい。
お正月にお年玉として孫にあげるレゴの「マインドストーム」が届いた。
値段もすごかったけれど、その中身もすごいようだ。
ようだというのは、まだ開けて見てないのですよ。
「難しそうだから、先にいじっておいて」と言われてはあるのですが、
いいのかなー せっかくのお年玉 まだお正月まで時間あるから、ちょっと考えてみましょうか。

30年前「レゴ」のブロックを子供に買ってあげた記憶がありますが、その時の製品の出来具合は、国産のものとは比べ物にならないくらい、素晴らしかったですね。
日本のものもありましたが、確かに値段は安かったけれど、「チャチ」という言葉が当てはまるようなものばかりでした。
ところが「レゴ」は、「たかがおもちゃにここまで手をかけるの」と思うような作りでした。 値段も今の「マインドストーム」ぐらいしたと思います。
作る人が妥協を許さずに、コストよりも品質第一でやったのでしょうね。
そう ”むかし”のHP電卓みたいなものですね。
こんな仕事をしてみたいですね。

追記
マインドストームを購入するところは、 日本の正規代理店の「アフレル」からがいいですよ。
理由は、 いろいろ疑問に思ったことをすぐ質問して教えてもらえるから。
わたし 最初 超大手通販の「ア**ン」から買いましたが、当然 サポートは何もありません。
価格だけで選ぶと苦労しますよ。 独学というのは、かっこういいけど難しいですね。


c0335218_21263572.jpg


















c0335218_21270862.jpg
















by telmic-gunma | 2016-11-30 22:32 | レゴ マインドストーム | Trackback | Comments(4)