ブログトップ

電子工作やってみたよ

PICで正弦波100V電源 その5

DC12VからDC200Vを発生できました。
負荷は100V 20Wの電球を2個直列にして40Wです。
いつのまにか電球はLEDに変わってしまったのですね。
電気屋さんでも白熱電球はすみっこのほうにちょっと有るだけでした。

入力は DC12V 3.5A   入出力の変換効率や測定誤差もあるから まあ大体合ってるかな
左端が昇圧トランス 中央の2個がFET(2SK798 部品箱にあったので使いました) 
右の青いのが2次側平滑用のチョークです。
トランスはプッシュプル 20kHzで動作しています。
FETのゲートドライバは 作るのがたいへんなので、ずるして完成品の借り物を使ってしまいました。
この装置ではゲートを絶縁する必要がないのですが、フルブリッジの上側は、ちょっとなやみますね。
さて あとは、出力を 50Hzのサイン波にするところだけです。
c0335218_12240117.jpg


















c0335218_11270761.jpg















家の庭から見た 武尊山(ほたかさん)です。
ここに 川場スキー場があります。
わたしは恐くて滑ったことがないのですが、夏にボランティアでゲレンデの石ひろいに行った事があります。
ここから富士山を見ることができます。
スキー場の駐車場は5階建て(?)の立体駐車場でレストランやシャワーなどの設備が整っています。
c0335218_11272497.jpg



トラックバックURL : https://telmic.exblog.jp/tb/23765551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by telmic-gunma | 2015-03-26 14:01 | 電子工作_電源 | Trackback | Comments(0)