ブログトップ

電子工作やってみたよ

HP15C 石取りゲーム挑戦中

以前やった 石とりゲームに再度挑戦しています。
紙に絵を書きながらいろいろ考えたら必勝法の手順と言うものが解ってきました。
おぼろげながら解ってきたときは、嬉しかったですね。
仕事などの問題でも「こういうことだったのか」と解ったときはうれしいですものね。
ネットで石とりゲームを検索したら同様の回答が沢山でていました。
結果を言えば、相手に手を渡すときの数は以下の数になるようにすれば勝てるということですね。
1,5,9,13,17,21ーーー 今回のソフトは15を出発点にしているので、自分が先手なら15と出たあとまず2を引いて13にして、そのあとはこの数列になるように取っていけば必ず勝てるわけです。
問題はこの先で 前回この法則すら知らずにHP電卓の石とりゲームのソフトがどのような処理をやっているかを調べるところで挫折したのでした。
いま いろいろな方法を考えながらアプローチしています。
このソフトは50ステップという小さなサイズに収めようと頭のいい人がいろいろとトリックみたいなことやっているので、普通の感覚では解けません。
人のことは言えないのですが、サイズを圧縮しようと操作したソフトというのは、その動きを解読しようとするのがほんとに難しくなりますね。
第二次大戦の時、ドイツの暗号を解読するのに苦労する数学者の映画を見ましたが、まさしくいまそんな感じです。
簡単に解けそうもなく、とても楽しいですね。
解析する方法をいろいろ考えてやっているので少しづつすすんでいます。次回に報告出来ればと思っています。


c0335218_07450085.jpg

c0335218_07451986.jpg


トラックバックURL : https://telmic.exblog.jp/tb/25860327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by telmic-gunma | 2016-07-31 21:34 | HP電卓 | Trackback | Comments(0)