人気ブログランキング |

ブログトップ

電子工作やってみたよ

ちょっとガッカリ  DM15L

HP15C コンパチのDM15Lの演算スピードを計ってみました。
結果は表題に上げた通りです。
HP15C_LE の 1/ 7 しかありません。 ちょっとがっかり。
それでもオリジナルのHP15Cの22倍の速さだし、HP15C_LEのムシだったPSE命令(一時ポーズ)もちゃんと動作しますから。
これ 発売されたのHP15C_LEよりだいぶ後だし(?)DM42の技術があるのだから、あと一桁以上高速に出来ると思うのですが何故でしょうか。

スピード遅くて気力がなくなったので電池の消費電流は測ってありません。

HP電卓使って数学の勉強するのだから速度なんて関係ない、と思っていたのですが、DM42の円周率の計算やってからやはり速度は大切かなと感じてます。

c0335218_21360561.jpg

左上はHP15C_LE   右上は今回のDM15L   中央下はオリジナルのHP15Cです。
同じもの 3台も集めて何やる気。

c0335218_21361290.jpg

HP15C 3機種のみの比較表
c0335218_15152200.jpg


HP電卓 測定できた全機種の速度比較表
c0335218_15154003.jpg


測定プログラム  すべての機種はこの同一プログラムで動作させました。
一部の機種では、初期値の読み込みやラベル名などに違いがあります。

LBL A ’スタートのラベル
3       ’カウンターの初期値 3000(機種によりここを200に変えました)
0
0
0
STO 0     ’カウンターの初期値を変数0にストア

LBL B     ’ループ先頭のラベル
1       'カウンターから引く数を1にする
STO -0    ’カウンター 0から1を引く
RCL 0    ’減算されたカウンターの値をXレジスターへ読み込む
X キ 0    ’Xレジスターがゼロでないかチェックする
GTO B    'ゼロでないならばラベルBへ移動する
R/S      ’Xレジスターがゼロならば停止する


わずかこれで終わりです。
演算速度は命令の種類により当然変わるはずです。
ここではプログラムのループ内で使われている命令の平均時間ですね。
厳密には命令ごとの時間が必要ですが、機種ごとのスピード比較ならばこれで良いと思っています。


雨の中でも元気です。 アルストロメリア
c0335218_17050076.jpg

畑になっている、たった1本のブルーベリー
c0335218_17051550.jpg


ブルーベリー食べました。  うーん そんなに美味しいとは思えないんだけど。
c0335218_17052420.jpg




電子工作ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

Commented by Kusaka at 2019-07-11 18:42 x
雨のせいか、畑の作物の成長が遅いみたい。 まだ、きゅうり1本しか収穫できていません。
家では電卓は使用していないですね。PCについているので。 同じ電卓3つも集めても自慢する仲間がいないでしょう。 川場村でHP電卓持っているのは他に居ないと思いますよ。
Commented by telmic-gunma at 2019-07-11 20:32
> Kusakaさん
ありがとうございます。
ほんとに今年はおかしいですね。
キュウリは小さくで数は少ないです。
ナスはやっと三つくらい、ピーマンは全然大きくなりません。
下手するとお米も不作になるかも。
これから野菜は値上がりするかもですね。
今日一日、また期日前投票の選挙立会人で12時間缶詰めでした。グロッキーです。
仕事と村の役で精神的に余裕ないから、来年までは電子工作なしでHP電卓だけかな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by telmic-gunma | 2019-07-09 17:24 | HP電卓 | Comments(2)