ブログトップ

電子工作やってみたよ

カテゴリ:HP電卓( 46 )

数独は奥が深いですねえ。
錆びかけた脳みそに油をさしながら頑張ってみたのですが、やっと ニコリの数独攻略ガイドの中級が解けるプログラムが出来ました。
解析手順は今までの2つの方法に新たに2つ追加して以下の4つの方法をグルグルと繰り返しています。

1、 空きマスを探して 縦、横、3X3ブロックの条件からそこに入力出来る数値を探す。
2、 1~9のなかで注目する数値を決めその数値がない3x3のブロックの中のどこに置くことが出来るか探す。
3、 1~9のなかで注目する数値を決めその数値がない縦の列の中のどこに置くことが出来るか探す。
4、 1~9のなかで注目する数値を決めその数値がない横の行の中のどこに置くことが出来るか探す。

言葉で言えばこれだけの事ですが、これをプログラムで表現しようとするとなかなうまく行きませんでした。
2~4においては、答えの場所を探すというよりは、置けないところを見つけてはじき出すという感じですね。
このなかでは、「先読み」や数値の「仮置き」は使っていません。

この次は「上級」の問題に挑戦してみます。


c0335218_19035428.jpg

ニコリ 数独攻略ガイド (中級) P52,53 No17,18
c0335218_10091709.jpg


ニコリ 数独攻略ガイド (中級)P52 No17
正常な答えがでました。

上半分は問題  下半分は回答です。 演算時間はみな5秒以内でした。
c0335218_10003189.jpg

ニコリ 数独攻略ガイド (中級)P53 No18
正常な答えが出ました。
上半分は問題  下半分は回答です。
c0335218_10003962.jpg


ニコリ 数独攻略ガイド (上級) P73 No26 上級の問題

c0335218_10100381.jpg


ニコリ 数独攻略ガイド (上級)P73 No26   
答えがまったく出ません。

上半分は問題  下半分は回答です。
c0335218_10004645.jpg




F-97 BASICで書いたプログラムリストです。

------------------------------
数独(ナンプレ) Ver SDOK_050N.BAS 2018-08-7
'基本テーブル配列の定義
dim AL(9,9) 
dim CHK(27)
dim INV1(20)
dim M_BUF(9)
'
'問題のテーブルデータの設定
gosub *TBL_ABCD
gosub *DISP3
gosub *ALBKCOPY
'stop
for AL_COUNT = 1 to 20
    ?" AL_COUNT=";AL_COUNT
gosub *MAIN_1
gosub *MAIN_2
gosub *MAIN_3
gosub *MAIN_4
next AL_COUNT
gosub *DISP3
?" ALL END"
stop
'=====================================================================================
'空欄を順に探してそこに入る可能性のある数値を、空欄のたて、横、ブロックのデータから類推する
*MAIN_1
'?" MAIN_1 ============================== "
X=1:Y=1
'空欄のマスをサーチする
for JJJ=1 to 20
for Y=1 to 9
for X=1 to 9
'?" X=";X;:?" Y=";Y;
if AL(X,Y)=0 then gosub *SHORI
next X
next Y
next JJJ

return
'
'=============================================================================
'空欄のたて、横、ブロックのデータを読み込む
*SHORI
'?" SHORI":'stop
for XXA=1 to 27
CHK(XXA)=0
next XXA
for XXB=1 to 9
' ?" XXB=";XXB;" Y=";Y
INV1(XXB)=AL(XXB,Y)
'stop
next XXB
'gosub *disp1:stop

'空欄に入る可能性データに変換する
for XX=1 to 9
INV2(XX)=XX
next XX

for YY=1 to 9
for XX=1 to 9
if INV2(XX)=INV1(YY) then INV2(XX)=0
next XX
next YY
for XX=1 to 9
CHK(XX)=INV2(XX)
next XX
'------------------------------------------------
'問題のテーブルから縦の列データをコピーする
for YY=1 to 9
INV1(YY)=AL(X,YY)
next YY
'gosub *disp1:stop
'空欄に入る可能性データに変換する
for XX=1 to 9
INV2(XX)=XX
next XX
'gosub *DISP2:stop
for YY=1 to 9
for XX=1 to 9
if INV2(XX)=INV1(YY) then INV2(XX)=0
next XX
next YY
'gosub *DISP2:stop
for XX=1 to 9
CHK(XX+9)=INV2(XX)
next XX
'gosub *DISP27:stop
'-------------------------------------------------
'問題のテーブルからブロックデータをINV1へコピーする
if (X<=3)and(Y<=3) then gosub *AAA:goto *BLKMOVEND
if (X>=4)and(X<=6)and(Y<=3) then gosub *BBB:goto *BLKMOVEND
if (X>=7)and(Y<=3) then gosub *CCC:goto *BLKMOVEND
if (X<=3)and(Y>=4)and(Y<=6)then gosub *DDD:goto *BLKMOVEND
if (X>=4)and(X<=6)and(Y>=4)and(Y<=6)then gosub *EEE:goto *BLKMOVEND
if (X>=7)and(Y>=4)and(Y<=6)then gosub *FFF:goto *BLKMOVEND
if (X<=3)and(Y>=7) then gosub *GGG:goto *BLKMOVEND
if (X>=4)and(X<=6)and(Y>=7)then gosub *HHH:goto *BLKMOVEND
if (X>=7)and(Y>=7) then gosub *III:goto *BLKMOVEND
?" ERR_blkend":stop
*BLKMOVEND
'空欄に入る可能性データに変換する
for XX=1 to 9
INV2(XX)=XX
next XX
'gosub *disp2:stop
for YY=1 to 9
for XX=1 to 9
if INV2(XX)=INV1(YY) then INV2(XX)=0
next XX
next YY
'gosub *disp2:stop
for XX=1 to 9
CHK(XX+18)=INV2(XX)
next XX
'gosub *disp27:stop
'-------------------------------------------------
for XX=1 to 9
BF(XX)=0
next XX
'gosub *DISP_BF
for M=1 to 9
KZ=0:GT=0
for T=1 to 27
if CHK(T)=M then KZ=KZ+1
if KZ>=3 then ANS=M:GT=1:BF(M)=1:T=27: '?"KZ";KZ;:?"GT=";GT;
next T
next M
OKCHK=0
for XX=1 to 9
OKCHK=OKCHK + BF(XX)
next XX
'gosub *DISP_BF
'?" OKCHK=";OKCHK,
'?" X="X;:?" Y=";Y
'stop
if OKCHK<>1 then goto *NON
AL(X,Y)=ANS
    '?" ANS=";ANS,
'?" X=";X,
'?" Y=";Y
*NON
return
'------------------------------------------------------------
'注目する数値を決めてからその注目値の無いブロックを探し、注目値がそのブロックのどこに当てはまるかを調べる。
*MAIN_2
'?" ":?" ":
'?" MAIN_2 ====================================================================== "
'stop
X=1:Y=1
'空欄のマスをサーチする
for ALOOP=1 to 20
for CHUMOKU=1 to 9
for BLKNO=1 to 9 ' *AA: 1 *BB: 2 ----
           '?" ":?" CHUMOKU=";CHUMOKU;  :?" BLKNO=";BLKNO;
'stop
gosub *BLOCK
next BLKNO
next CHUMOKU
next ALOOP
'?"  All end"
'gosub *DISP3B
'?" "
'gosub *DISP3
return
'------------------------------------------------------------
*BLOCK
if BLKNO=1 then BLKYUP=1:BLKXLF=1:gosub *AAA:goto *BLKXX
if BLKNO=2 then BLKYUP=1:BLKXLF=4:gosub *BBB:goto *BLKXX
if BLKNO=3 then BLKYUP=1:BLKXLF=7:gosub *CCC:goto *BLKXX
if BLKNO=4 then BLKYUP=4:BLKXLF=1:gosub *DDD:goto *BLKXX
if BLKNO=5 then BLKYUP=4:BLKXLF=4:gosub *EEE:goto *BLKXX
if BLKNO=6 then BLKYUP=4:BLKXLF=7:gosub *FFF:goto *BLKXX
if BLKNO=7 then BLKYUP=7:BLKXLF=1:gosub *GGG:goto *BLKXX
if BLKNO=8 then BLKYUP=7:BLKXLF=4:gosub *HHH:goto *BLKXX
if BLKNO=9 then BLKYUP=7:BLKXLF=7:gosub *III:goto *BLKXX
?" BLK ERR":stop
'------------------
*BLKXX
CNT=0
'このブロック(*AAA *BBB *CCC~) の中に注目している(CHUMOKU)数値があれば何もせずリターン
for XXX=1 to 9
CNT=CNT+1
'if INV1(XXX)=CHUMOKU then ?" ":?"M2 ブロック内に注目値あり":CNT=0:XXX=9:return
if INV1(XXX)=CHUMOKU then :CNT=0:XXX=9:return
next XXX

' ?" ":?"M2 ブロック内に注目値が無いので場所探しをする":stop
gosub *BK_Y_IV
gosub *BK_X_IV
gosub *XY_LNCK
gosub *CHUSET
return
'---------------------------------------------------------------
*AAA
'?"":?" AAA"
INV1(1)=AL(1,1): INV1(2)=AL(2,1): INV1(3)=AL(3,1)
INV1(4)=AL(1,2): INV1(5)=AL(2,2): INV1(6)=AL(3,2)
INV1(7)=AL(1,3): INV1(8)=AL(2,3): INV1(9)=AL(3,3)
gosub *BLKOUTCOPY
return
'----------------------------------------
*BBB
'?"":?" BBB"
INV1(1)=AL(4,1): INV1(2)=AL(5,1): INV1(3)=AL(6,1)
INV1(4)=AL(4,2): INV1(5)=AL(5,2): INV1(6)=AL(6,2)
INV1(7)=AL(4,3): INV1(8)=AL(5,3): INV1(9)=AL(6,3)
gosub *BLKOUTCOPY
return
'----------------------------------------
*CCC
'?"":?" CCC"
INV1(1)=AL(7,1): INV1(2)=AL(8,1): INV1(3)=AL(9,1)
INV1(4)=AL(7,2): INV1(5)=AL(8,2): INV1(6)=AL(9,2)
INV1(7)=AL(7,3): INV1(8)=AL(8,3): INV1(9)=AL(9,3)
gosub *BLKOUTCOPY
return
'----------------------------------------
*DDD
'?"":?" DDD"
INV1(1)=AL(1,4): INV1(2)=AL(2,4): INV1(3)=AL(3,4)
INV1(4)=AL(1,5): INV1(5)=AL(2,5): INV1(6)=AL(3,5)
INV1(7)=AL(1,6): INV1(8)=AL(2,6): INV1(9)=AL(3,6)
gosub *BLKOUTCOPY
return
'----------------------------------------
*EEE
'?"":?" EEE"
INV1(1)=AL(4,4): INV1(2)=AL(5,4): INV1(3)=AL(6,4)
INV1(4)=AL(4,5): INV1(5)=AL(5,5): INV1(6)=AL(6,5)
INV1(7)=AL(4,6): INV1(8)=AL(5,6): INV1(9)=AL(6,6)
gosub *BLKOUTCOPY
return
'----------------------------------------
*FFF
'?"":?" FFF"
INV1(1)=AL(7,4): INV1(2)=AL(8,4): INV1(3)=AL(9,4)
INV1(4)=AL(7,5): INV1(5)=AL(8,5): INV1(6)=AL(9,5)
INV1(7)=AL(7,6): INV1(8)=AL(8,6): INV1(9)=AL(9,6)
gosub *BLKOUTCOPY
return
'----------------------------------------
*GGG
'?"":?" GGG"
INV1(1)=AL(1,7): INV1(2)=AL(2,7): INV1(3)=AL(3,7)
INV1(4)=AL(1,8): INV1(5)=AL(2,8): INV1(6)=AL(3,8)
INV1(7)=AL(1,9): INV1(8)=AL(2,9): INV1(9)=AL(3,9)
gosub *BLKOUTCOPY
return
'----------------------------------------
*HHH
'?"":?" HHH"
INV1(1)=AL(4,7): INV1(2)=AL(5,7): INV1(3)=AL(6,7)
INV1(4)=AL(4,8): INV1(5)=AL(5,8): INV1(6)=AL(6,8)
INV1(7)=AL(4,9): INV1(8)=AL(5,9): INV1(9)=AL(6,9)
gosub *BLKOUTCOPY
return
'----------------------------------------
*III
'?"":?" III"
INV1(1)=AL(7,7): INV1(2)=AL(8,7): INV1(3)=AL(9,7)
INV1(4)=AL(7,8): INV1(5)=AL(8,8): INV1(6)=AL(9,8)
INV1(7)=AL(7,9): INV1(8)=AL(8,9): INV1(9)=AL(9,9)
gosub *BLKOUTCOPY
return
'---------------------------------------------------------
*BK_Y_IV
'?"ブロックを含むヨコ3行(1行9マス)の中に注目値を含む行が有るかチェック"
'?"YCHU(1)は1行目の9マスに注目値があったら1を入れる"
'?"YCHU(1)は2行目の9マスに注目値があったら1を入れる"
'?" "
YCHU(1)=0:YCHU(2)=0:YCHU(3)=0:
for BKJJ=0 to 2
'?"ブロックの上横1行9文字をINV1へコピーして注目値を調べる"
'?"注目値があればYCHU(1-3)に1が設定される"
'stop
for XX=1 to 9: INV1(XX)=AL(XX,BLKYUP+BKJJ): next XX
CNT=0
for XXX=1 to 9
CNT=CNT+1
'if INV1(XXX)=CHUMOKU then CNT=0:XXX=9:YCHU(BKJJ+1)=1:?"よこ3行に注目値が有り" '0, 1, 2 => 1, 2, 3
if INV1(XXX)=CHUMOKU then CNT=0:XXX=9:YCHU(BKJJ+1)=1: '0, 1, 2 => 1, 2, 3
next XXX
'stop
next BKJJ
return
'----------------------------------------------------------
*BK_X_IV
'?"M3 BK_X_IV ブロックを含む縦3列の中に注目値を含む列が有るかチェック"
'?"XCHU(1)は1列目の9マスに注目値があったら1を入れる"
'?"XCHU(2)は2列目の9マスに注目値があったら1を入れる"
'?" "
XCHU(1)=0:XCHU(2)=0:XCHU(3)=0:
for BKJJ=0 to 2
    '?"ブロックの左端縦の1列9文字をINV1へコピーして注目値を調べる"
'?"注目値があればXCHU(1-3)に1が設定される"
'stop
    for YY=1 to 9: INV1(YY)=AL(BLKXLF+BKJJ,YY): next YY
CNT=0
for YYY=1 to 9
CNT=CNT+1
'if INV1(YYY)=CHUMOKU then CNT=0:YYY=9:XCHU(BKJJ+1)=1:?"縦3列に注目値が有り" '0, 1, 2 => 1, 2, 3
if INV1(YYY)=CHUMOKU then CNT=0:YYY=9:XCHU(BKJJ+1)=1: '0, 1, 2 => 1, 2, 3
next YYY
'stop
next BKJJ
return
'------------------------------------------------------------------------------
*XY_LNCK
'?"注目数値のある行(9個)および列(9個)に関わるマスには使用不可の10を入れておく"
'?"INV1 をセーブしたBLKOUTからINV1へ戻す"
'?"BLKOUTとは現在作業中のブロックのデータを1列にしたもの"
'stop
for BLKX=1 to 9 
INV1(BLKX)=BLKOUT(BLKX)
next BLKX
if YCHU(1)=0 then goto *LBL200
INV1(1)=10:INV1(2)=10:INV1(3)=10
'?" YCHU INV(1-3)=10"
*LBL200
if YCHU(2)=0 then goto *LBL210
INV1(4)=10:INV1(5)=10:INV1(6)=10:
'?" YCHU INV(4-6)=10"
*LBL210
if YCHU(3)=0 then goto *LBL220
INV1(7)=10:INV1(8)=10:INV1(9)=10:
'?" YCHU INV(7-9)=10"
*LBL220
'stop
if XCHU(1)=0 then goto *LBL300
INV1(1)=10:INV1(4)=10:INV1(7)=10:
'?" XCHU INV(1,4,7)=10"
*LBL300
if XCHU(2)=0 then goto *LBL310
INV1(2)=10:INV1(5)=10:INV1(8)=10:
'?" XCHU INV(2,5,10)=10"
*LBL310
if XCHU(3)=0 then goto *LBL320
INV1(3)=10:INV1(6)=10:INV1(9)=10:
'?" XCHU INV(3,6,10)=10"
*LBL320
'stop
return
'--------------------------------------------------------------------
*CHUSET
'?"注目数値に対応する空きマスが1つの時そこに注目数値を入れる"
'?" 空きマスの数を数え2個以上あったらリターンする"
'?" 空きマスの場所をPOJに覚えておく"
WCHK=0:POJ=0
for III=1 to 9
if INV1(III)=0 then WCHK=WCHK+1:POJ=III
next III
'if WCHK>=2 then  ?"空マスが2個以上あったのでリターンする":return
if WCHK>=2 then return
'?"空マスが1個でした"
'?" 空きマスの位置の元のXY座標を求める"
if POJ<=3 then YY=1:XX=POJ:goto *MTRX
if (POJ>=4)and(POJ<=6)then YY=2:XX=POJ-3:goto *MTRX
if(POJ<=9) then YY=3: XX=POJ-6: goto *MTRX
?"ERR 5 ":stop
'stop
*MTRX
'?"ブロックNOとの組み合わせで大元のALテーブル上のXY座標を求め注目値を置く"
if BLKNO=1 then X=XX:Y=YY: goto *DTSET
if BLKNO=2 then X=XX+3:Y=YY: goto *DTSET
if BLKNO=3 then X=XX+6:Y=YY: goto *DTSET
if BLKNO=4 then X=XX:Y=YY+3: goto *DTSET
if BLKNO=5 then X=XX+3:Y=YY+3: goto *DTSET
if BLKNO=6 then X=XX+6:Y=YY+3: goto *DTSET
if BLKNO=7 then X=XX:Y=YY+6: goto *DTSET
if BLKNO=8 then X=XX+3:Y=YY+6: goto *DTSET
if BLKNO=9 then X=XX+6:Y=YY+6: goto *DTSET
?" ERROR 10 ": stop
*DTSET
AL(X,Y)=CHUMOKU
'?" ":?" X=";X," Y=";Y," DATA=";CHUMOKU,"WCHK=";WCHK
'stop
'gosub *DISP3
'?" ================ "
'stop
return
'----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
'注目する数値を決めてからその注目値の無いヨコ行を探し、注目値がその行のどこに当てはまるかを調べる。
*MAIN_3
'?" MAIN_3 ============================== "
'stop
'空欄のマスをサーチする
X=1:Y=1
for ALOOP=1 to 20
'?"ALOOP=";ALOOP
'stop
for CHUMOKU = 1 to 9 '********************************************************************************
'stop
for X = 1 to 9 '********************************************************************************
'?"":?" MAIN3 CHU=";CHUMOKU; " 現在調査中の縦列 左から何列目の位置か X=";X
'stop
gosub *LINE_Y
next X
next CHUMOKU
next ALOOP
'?"  M3 All end"
'gosub *DISP3B
'?" "
'gosub *DISP3
'stop
return
'----------------------------------------------------------------------------
*LINE_Y
'?" ":?" M3 LINE_Y 01 TATE JYOUGE ============================================== "
'?"これから調べるメインの縦1列の中に注目値があったら何もせずリターンする"
'stop
for YY = 1 to 9
'?"注目値チェック 主調査の縦列に注目値があれば何もせずもどる"
'?" CHUMOKU=";CHUMOKU;
'?" X=";X; " YY=";YY; " マス値=";AL( X,YY)
'if AL( X,YY)=CHUMOKU then ?"M3 この縦列内に注目値あり":YY=9: ?"":return
if AL( X,YY)=CHUMOKU then :YY=9:return
next YY
'stop
'?"M3 この縦列内に注目値が無いので何処に入るか調査開始する
'?"ALテーブルから現在の縦列1行をメインバッファ(M_BUF)にコピーして表示"
'stop
'?" X=";X
for YY=1to 9
M_BUF(YY) = AL( X,YY)
next YY
'gosub *DISP_M_BUF
'stop
if (X<=3) then goto *LEF
if (X>=4)and(X<=6)then goto *SNT
if (X>=7) then goto *RGT
?"ERR ":stop
'-------------------------------
*LEF
'?" M3 LEF_1====================================== "
'?" 1列~3列の範囲なので一番上のブロックAAAに注目値があるかチェック"
'gosub *AAA: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then ?"M3 CHUFLG=0 AAAに注目値なし ":goto *LEF3
gosub *AAA: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *LEF3
'?" AAAに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=1 to 3
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1:gosub *DISP_M_BUF
*LEF3
'?"":?" M3 LEF_3 "
'stop
'?" M3 1列~3列の範囲なので2段目のブロックDDDに注目値があるかチェック"
'gosub *DDD: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then ?"M3 CHUFLG=0 DDDに注目値なし ": goto *LEF4
gosub *DDD: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then : goto *LEF4
'?" DDDに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=4 to 6
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*LEF4
'?"":?"M3 LEF_4 *************************"
'?" M3 1列~3列の範囲なので上から3段目のブロックGGGに注目値があるかチェック"
'gosub *GGG: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then ?"M3 CHUFLG=0 GGGに注目値なし ": goto *LEF5
gosub *GGG: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *LEF5
'?" GGGに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=7 to 9
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*LEF5
'?"":?"M3 LEF 5 "
'stop
gosub *LINE_Y_YOKO
'stop
return
'----------------------------------------------------------------
*SNT
'?"":?" M3 SNT_1============================== "
'stop
'?" 4列~6列の範囲なので一番上のブロックBBBに注目値があるかチェック"
'gosub *BBB: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then ?"M3 CHUFLG=0 BBBに注目値なし ": goto *SNT3
gosub *BBB: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *SNT3
'?" BBBに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=1 to 3
'if INV1(PT)=0 then M_BUF(PT)=10:?" M_BUF(PT)=10を代入する "
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1:gosub *DISP_M_BUF
*SNT3
'?"":?" M3 SNT_3 "
'stop
'?" 4列~6列の範囲なので2段目のブロックEEEに注目値があるかチェック"
'gosub *EEE: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then ?"M3 CHUFLG=0 EEEに注目値なし ":goto *SNT4
gosub *EEE: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *SNT4

'?" EEEに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=4 to 6
'if INV1(PT)=0 then M_BUF(PT)=10:?" M_BUF(PT)=10を代入する "
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*SNT4
'?"":?" M3 SNT_4 "
'stop
'?" 4列~6列の範囲なので3段目のブロックHHHに注目値があるかチェック"
'gosub *HHH: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then ?"M3 CHUFLG=0 HHHに注目値なし":goto *SNT5
gosub *HHH: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *SNT5

'?" HHHに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=7 to 9
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*SNT5
'?"":?" M3 SNT 5 "
'stop
gosub *LINE_Y_YOKO
return
'------------------------------
*RGT
'?"":?" RGT_1============================== "
'stop
'?" 7列~9列の範囲なので一番上のブロックCCCに注目値があるかチェック"
'gosub *CCC: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then ?"M3 CHUFLG=0 CCCに注目値なし":goto *RGT3
gosub *CCC: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *RGT3
'?" CCCに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=1 to 3
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1:gosub *DISP_M_BUF
*RGT3
'?"":?" M3 RGT_3 "
'stop
'?" 7列~9列の範囲なので2番目のブロックFFFに注目値があるかチェック"
'gosub *FFF: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then ?"M3 CHUFLG=0 FFFに注目値なし":goto *RGT4
gosub *FFF: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *RGT4

'?" FFFに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=4 to 6
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*RGT4
'?"":?" M3 RGT_4 "
'stop
'?" 7列~9列の範囲なので3番目のブロックIIIに注目値があるかチェック"
'gosub *III: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then ?"M3 CHUFLG=0 IIIに注目値なし":goto *RGT5
gosub *III: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *RGT5
'?" IIIに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=7 to 9
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*RGT5
'?"":?" M3 RGT 5 "
gosub *LINE_Y_YOKO
return
'----------------------------------------------------------------------------
*LINE_Y_YOKO
'?" *M3 LINE_Y_YOKO===================================================="
'?"調査中の縦列に存在する空きマスのヨコ1行をチェックして注目値があるか見る"
'stop
for YYY=1 to 9
'?" YYY=";YYY;:?" CHUMOKU=";CHUMOKU
'if M_BUF(YYY)<>0 then ?"M_BUF(YYY)<>0の時 ":goto *YOKO
    if M_BUF(YYY)<>0 then  goto *YOKO
'?"M_BUF(YYY)=0 空きマスなのでよこ1行に注目値があるかチェックする"
CNT=0
for XXX=1 to 9
'?" XXX=";XXX; " YYY=";YYY; " マス値=";AL(XXX,YYY)
'if AL( XXX,YYY)=CHUMOKU then M_BUF(YYY)=10: ?"M3 このよこ列内に注目値あり":XXX=9:
if AL( XXX,YYY)=CHUMOKU then M_BUF(YYY)=10:XXX=9:
            'gosub *DISP_M_BUF
'stop
next XXX
*YOKO
next YYY
'gosub *DISP_M_BUF
'stop
KARA=0:ZERO_Y=0
for YYY=1 to 9
if M_BUF(YYY)=0 then KARA=KARA+1:ZERO_Y=YYY
next YYY
'if KARA=1 then AL(X,ZERO_Y)=CHUMOKU:M_BUF(ZERO_Y)=CHUMOKU:?" KARA=1 SET OK  X,ZERO_Y=";:?X;ZERO_Y
if KARA=1 then AL(X,ZERO_Y)=CHUMOKU:M_BUF(ZERO_Y)=CHUMOKU
'?" X,ZERO_Y =";X;ZERO_Y
'?" KARA=";KARA;
'?" ZERO_Y=";ZERO_Y;
'?" CHUMOKU=";CHUMOKU
'gosub *DISP_INV1:gosub *DISP_M_BUF:gosub *DISP3
'?"M3 end M3 end M3 end"
'stop
return

'---------------------------------------------------------
*BK_CHU_CK
'?"":?"*BK_CHU_CK 01================================================= "
'?"通過するブロック(3*3)の中に注目値が含まれるかチェック"
'gosub *DISP_INV1
CHUFLG=0
CNT=0:CHUFLG=0
'   ?" CHUMOKU=";CHUMOKU;
for XXX=1 to 9
CNT=CNT+1
'if INV1(XXX)=CHUMOKU then CHUFLG=1:CNT=0:?" BK_CHU_CK 注目値あり ":XXX=9:goto *BK_CHU_CK03
if INV1(XXX)=CHUMOKU then CHUFLG=1:CNT=0:XXX=9:goto *BK_CHU_CK03
next XXX
'?" BK_CHU_CK 注目値無し "
*BK_CHU_CK03
return

'----------------------------------------------------------------------------
'注目する数値を決めてからその注目値の無いヨコ行を探し、注目値がその行のどこに当てはまるかを調べる。
*MAIN_4
'?" MAIN_4 ============================== "
'stop
'空欄のマスをサーチする
X=1:Y=1
for ALOOP = 1 to 20
'?"ALOOP=";ALOOP
'stop
for CHUMOKU = 1 to 9 '***********************************************
'stop
for Y = 1 to 9 ' **********************************************
'?" MAIN4 CHU=";CHUMOKU; " 現在調査中の横列 上から何行目の位置か Y=";Y
'stop
gosub *LINE_X ' Y => X
next Y ' X => Y
next CHUMOKU
next ALOOP
'?" M4 All end"
'gosub *DISP3B
'?" "
'gosub *DISP3
'stop
return
'----------------------------------------------------------------------------
*LINE_X ' Y => X
'?" ":?" M4 LINE_X 01============================================== "
'?" これから調べる横1行の中に注目値があったら何もせずリターンする"
'stop
for XX = 1 to 9                ' YY =>  XX
'?" 注目値チェック 主調査の横行に注目値があれば何もせずもどる"
'?" M4 CHUMOKU=";CHUMOKU;
'?" XX=";XX; " Y=";Y;" マス値=";AL( XX,Y)
'if AL( XX,Y)=CHUMOKU then ?" M4 この横行内に注目値あり ":XX=9:return :'stop
if AL( XX,Y)=CHUMOKU then XX=9:return :'stop
next XX

'?"この横行内に注目値が無いので何処に入るか調査開始する
'?"ALテーブルから現在の横行 1行をメインバッファ(M_BUF)にコピーして表示"
'stop
'?" M4  XX=";XX;" Y=";Y
for XX=1to 9 ' YY => XX
M_BUF(XX) = AL( XX,Y)
next XX ' YY => XX
'gosub *DISP_M_BUF
'stop
if (Y<=3) then goto *UP            ' X => Y           *LEF => *UP
if (Y>=4)and(Y<=6)then goto *MD ' X => Y *SNT => *MD
if (Y>=7) then goto *LO ' X => Y *RGT => *LO
?"ERR ":stop
'-------------------------------
*UP '*LEF => *UP
'?" M4 UP_1====================================================== "
'?" 1行~3行の範囲なので一番上のブロックAAAに注目値があるかチェック"
'gosub *AAA: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then ?" M4 CHUFLG=0 ":goto *UP3
gosub *AAA: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *UP3
'?" AAAに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=1 to 3
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1:gosub *DISP_M_BUF
*UP3                                                  'LEF => UP
'?"":?" M4 UP_3 "
'stop
'?" M4 1行~3行の範囲なので2行目のブロックBBBに注目値があるかチェック"
gosub *BBB: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *UP4
'?" M4 BBBに注目値があるので空きマスを10で埋める"

for PT=4 to 6
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*UP4
'?"":?" M4 UP_4 ================================================"
'?" M4 1行~3行の範囲なので左から3行目のブロックCCCに注目値があるかチェック"
gosub *CCC: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *UP5
'?" CCCに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=7 to 9
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*UP5
'?"":?"M4 UP 5 "
'stop
gosub *LINE_X_TATE
'stop
return
'---------------------------------------------------------------
*MD ' SNT => MD
'?"":?" M4 MD_1 =============================== "
'stop
'?" 4行~6行の範囲なので一番左のブロックBBBに注目値があるかチェック"
gosub *DDD: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *MD3
'?" DDDに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=1 to 3
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1:gosub *DISP_M_BUF
*MD3
'?"":?" M4 MD_3 "
'stop
'?" 4行~6行の範囲なので左から2個目のブロックEEEに注目値があるかチェック"
gosub *EEE: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *MD4
'?" EEEに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=4 to 6
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*MD4
'?"":?" M4 SNT_4 "
'stop
'?" 4行~6行の範囲なので左から3個目のブロックFFFに注目値があるかチェック"
gosub *FFF: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *MD5
for PT=7 to 9
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*MD5
'?"":?"M4 MD 5 "
'stop
gosub *LINE_X_TATE               ' *LINE_Y_YOKO  =>  *LINE_X_TATE
'stop
return
'------------------------------
*LO 'RGT => LO
'?"":?" M4 LO_1========================= "
'?" 7行~9行の範囲なので左から2個目のブロックGGGに注目値があるかチェック"
'stop
gosub *GGG: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *LO3
'?" GGGに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=1 to 3
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1:gosub *DISP_M_BUF
*LO3
'?"":?" M4 LO_3 "
'stop
'?" 7行~9行の範囲なので一番左のブロックGGGに注目値があるかチェック"
gosub *HHH: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *LO4
'?" HHHに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=4 to 6
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*LO4
'?"":?" M4 LO_4 "
'stop
'?" 7行~9行の範囲なので左から2個目のブロックGGGに注目値があるかチェック"
gosub *III: gosub *BK_CHU_CK: if CHUFLG=0 then goto *LO5
'?" GGGに注目値があるので空きマスを10で埋める "
for PT=7 to 9
M_BUF(PT)=10
next PT
'gosub *DISP_INV1: gosub *DISP_M_BUF
*LO5
'?"":?" M4 LO 5 "
'stop
gosub *LINE_X_TATE 
'stop
return
'----------------------------------------------------------------------------
*LINE_X_TATE ' *LINE_Y_YOKO
'?" M4 LINE_X_TATE============================================= "
'?"調査中のMAINの横行に存在する空きマスのSUB縦1列をチェックして注目値があるか見る"
'stop
for XXX=1 to 9                            'YYY => XXX
'?" XXX=";XXX;:?" CHUMOKU=";CHUMOKU
'if M_BUF(XXX)<>0 then ?"M_BUF(XXX)<>0の時 ":goto *TATE
    if M_BUF(XXX)<>0 then goto *TATE 
CNT=0
'?"M_BUF(XXX)=0 空きマスなのでSUB_縦1列に注目値があるかチェックする"
CNT=0
for YYY=1 to 9
'?" XXX=";XXX;:?" YYY=";YYY;:?"値=";AL(XXX,YYY)
if AL( XXX,YYY)=CHUMOKU then M_BUF(XXX)=10:YYY=9:

'gosub *DISP_M_BUF
'stop
next YYY
*TATE
next XXX
'gosub *DISP_M_BUF
'stop
KARA=0:ZERO_X=0
for XXX=1 to 9
if M_BUF(XXX)=0 then KARA=KARA+1:ZERO_X=XXX
next XXX
if KARA=1 then AL(ZERO_X,Y)=CHUMOKU:M_BUF(ZERO_X)=CHUMOKU:?" KARA=1 SET OK  ZERO_X,Y=";:? ZERO_X;Y
'?" ZERO_X,Y =";ZERO_X;Y
'?" KARA=";KARA;
'?" ZERO_X=";ZERO_X;
'?" CHUMOKU=";CHUMOKU
'gosub *DISP_INV1:gosub *DISP_M_BUF:gosub *DISP3
'?"M4 end M4 end M4 end"
'stop
return
'----------------------------------------------------------------------------
 *BLKOUTCOPY
for BLKX=1 to 9
BLKOUT(BLKX)=INV1(BLKX)
next BLKX
return
'---------------------------------------
*ALBKCOPY
?" "
for YYY=1 to 9
for XXX=1 to 9
ALBK(XXX,YYY)=AL(XXX,YYY)
next XXX
next YYY
return

'--------------------------------------------------------------------------
*DISP_M_BUF
'?"":?" M_BUF=";
for YY=1to 9
'?M_BUF(YY);
next YY
'?" "
return
'----------------------------------------------------------------------------
*DISP_INV1
*DISP1
'?" INV1 =";
for KKK=1 to 9
'?INV1(KKK);
next kkk
return
'---------------------------------------
'*DISP2
'?" INV2(1~)=";
for KKK=1 to 9
'?INV2(KKK);
next kkk
return
'---------------------------------------
*DISP3
'?" "
for YYY=1 to 9
for XXX=1 to 9
?AL(XXX,YYY);
if XXX=3 then ?" ";
if XXX=6 then ?" ";
next XXX
if YYY=3 then ?" "
if YYY=6 then ?" "
?" "
next YYY
return
'---------------------------------------
*DISP3B
?" "
for YYY=1 to 9
for XXX=1 to 9
?ALBK(XXX,YYY);
if XXX=3 then ?" ";
if XXX=6 then ?" ";
next XXX
' if YYY=3 then ?" "
' if YYY=6 then ?" "
?" "
next YYY
return
'---------------------------------------
'*DISP27
for X12=1 to 27
? CHK(X12);
if X12=9 then ?" "
if X12=18 then ?" "
next X12
?" "
return
'-----------------------------------------
'*DISP_BF
?" "
?" BF(1~9)=";
for KKK=1 to 9
?BF(KKK);
next kkk
return
'---------------------------------------
'問題のテーブルデータの設定
'ニコリ 数独攻略ガイド P51 No16
'M1,2,3,4 全OK    20180804
*TBL_ABCD

data 2,0,1, 6,0,0, 0,0,9
data 0,0,0, 0,0,8, 2,0,0
data 3,0,0, 0,4,0, 0,5,0
data 9,0,0, 0,0,0, 0,2,0
data 0,0,8, 0,0,0, 3,0,0
data 0,4,0, 0,0,0, 0,0,6
data 0,3,0, 0,5,0, 0,0,8
data 0,0,9, 7,0,0, 0,0,0
data 6,0,0, 0,0,1, 4,0,5

for YY=1 to 9
for XX=1 to 9
read AL(XX,YY)
next XX
next YY
return



これで終わりです。




今年は、猛烈な暑さのため、スイカはみなひび割れてしまいました。
トウモロコシも半分以上のものが乾燥してダメでした。
この花だけは、毎年元気で咲いてくれています。

c0335218_09115141.jpg

朝顔も元気ですね。
c0335218_09112206.jpg

***************

++++++++++++++ 
-------------------------



by telmic-gunma | 2018-08-08 10:21 | HP電卓 | Trackback | Comments(2)

前回の4x4の解き方をそのまま9x9の拡張してやってみました。
しかし4x4ではうまく行っていた方法も9x9では単純な問題しか解くことができなくなりました。
そこで数独の解説書などを参考に新たな方法に挑戦してみました。
ここでも 人力で解くことは可能なのですが、それをプログラム化するところで四苦八苦してしまいました。
何とか出来上がったソフトでいろいろ試したのですが、やはりオールマイティーということはなくて、

限られた問題しか解けません。
やはり いろいろな問題を解くには、いろいろな方式のプログラムを作りそれを組み合わせていかなくてはならないようです。

今回の方式は、3x3の一つのブロックに注目しその中にない数値がどの場所ならば置くことが出来るかをさがしていく方法です。
これは ニコリの「全問解説数独」のP6に載っている方法をプログラム化したものです。

1) 1~9までの注目する数値を決める(実際は「1」から順番にやる)
2) その数値がない3x3のブロックを順に見つける。(今回は上の右端)
3) 横方向の行で注目数値「1」が入らないところを見つける。
   a行 b行には「1」が有るので入らない。
4) 縦方向で「1」が入らないのは I列です。
5) 上記より「1」の入る可能性はGcとHcです。
6) しかしHcはすでに「2」が入っている。
7) ゆえに残るのはGcだけなのでここに「1」が入ります。

表題に出している「HP電卓」はどうしたのと言われそうですが、ベーシックで問題が解けるようになったら、人間コンパイラになってHP電卓に書き直してみようと思います。
c0335218_19035428.jpg



この問題は 最初にやった4x4の延長の方式では解くことが出来ませんでした。
今回の各ブロックに注目してやる方法で解けました。
だけど この方式でも解けない問題がわんさか有ります。

c0335218_19045525.jpg



画面上側が問題です。  問題のブランクの所には、ゼロが入っています。
下側はパソコンが出した回答です。
Fベーシック97で3秒ほどかかりました。
デバッグのための途中経過を表示しているので、その時間がかかっていると思います。


c0335218_19042435.jpg





( Fベーシック97  富士通が作った20年前のBASIC言語をWinXPで動かしてます)


'数独(ナンプレ) SDOK9x9_30D 2018-06-20
'基本テーブル配列の定義
dim AL(9,9)
dim CHK(27)
dim INV1(9)
'
'問題のテーブルデータの設定
gosub *TBL_P6
gosub *DISP3
stop
'空欄のマスをサーチする
for ALOOP=1 to 10
for CHUMOKU=1 to 9
for BLKNO=1 to 9 ' *AA: 1 *BB: 2 ----
'          ?" CHUMOKU=";CHUMOKU;  :?" BLKNO=";BLKNO;
'stop
gosub *BLOCK
next BLKNO
next CHUMOKU
next ALOOP
?"  All end"
gosub *DISP3
stop:stop
'------------------------------------------------------------
*BLOCK
if BLKNO=1 then BLKYUP=1:BLKXLF=1:gosub *AAA:goto *BLKXX
if BLKNO=2 then BLKYUP=1:BLKXLF=4:gosub *BBB:goto *BLKXX
if BLKNO=3 then BLKYUP=1:BLKXLF=7:gosub *CCC:goto *BLKXX
if BLKNO=4 then BLKYUP=4:BLKXLF=1:gosub *DDD:goto *BLKXX
if BLKNO=5 then BLKYUP=4:BLKXLF=4:gosub *EEE:goto *BLKXX
if BLKNO=6 then BLKYUP=4:BLKXLF=7:gosub *FFF:goto *BLKXX
if BLKNO=7 then BLKYUP=7:BLKXLF=1:gosub *GGG:goto *BLKXX
if BLKNO=8 then BLKYUP=7:BLKXLF=4:gosub *HHH:goto *BLKXX
if BLKNO=9 then BLKYUP=7:BLKXLF=7:gosub *III:goto *BLKXX
?" BLK ERR":stop
'---------------------------------------------------------------
*BLKXX
CNT=0
'このブロックの中に注目している(CHUMOKU)数値があれば何もせずリターン
for XXX=1 to 9
CNT=CNT+1
if INV1(XXX)=CHUMOKU then CNT=0:XXX=9:?"同一文字有り":return
next XXX
'----------------------------------------
YCHU(1)=0:YCHU(2)=0:YCHU(3)=0:
for BKJJ=0 to 2
'ブロックの上横1行9文字をINV1へコピー
for XX=1 to 9: INV1(XX)=AL(XX,BLKYUP+BKJJ): next XX
CNT=0
for XXX=1 to 9
CNT=CNT+1
if INV1(XXX)=CHUMOKU then CNT=0:XXX=9:YCHU(BKJJ+1)=1
next XXX
next BKJJ
'-------------------------
XCHU(1)=0:XCHU(2)=0:XCHU(3)=0:
for BKJJ=0 to 2
'ブロックの左縦から1行9文字をINV1へコピー
for YY=1 to 9: INV1(YY)=AL(BLKXLF+BKJJ,YY): next YY
CNT=0
for YYY=1 to 9
CNT=CNT+1
if INV1(YYY)=CHUMOKU then CNT=0:YYY=9:XCHU(BKJJ+1)=1
next YYY
next BKJJ
'-------------------------------------------
for BLKX=1 to 9
INV1(BLKX)=BLKOUT(BLKX)
next BLKX
if YCHU(1)=0 then goto *LBL200
INV1(1)=10:INV1(2)=10:INV1(3)=10:
*LBL200
if YCHU(2)=0 then goto *LBL210
INV1(4)=10:INV1(5)=10:INV1(6)=10:
*LBL210
if YCHU(3)=0 then goto *LBL220
INV1(7)=10:INV1(8)=10:INV1(9)=10:
*LBL220
if XCHU(1)=0 then goto *LBL300
INV1(1)=10:INV1(4)=10:INV1(7)=10:
*LBL300
if XCHU(2)=0 then goto *LBL310
INV1(2)=10:INV1(5)=10:INV1(8)=10:
*LBL310
if XCHU(3)=0 then goto *LBL320
INV1(3)=10:INV1(6)=10:INV1(9)=10:
*LBL320
WCHK=0
for III=1 to 9
if INV1(III)=0 then WCHK=WCHK+1:POJ=III
next III
if WCHK>=2 then ?"空マスが2個以上あった":return
if POJ<=3 then YY=1:XX=POJ:goto *MTRX
if (POJ>=4)and(POJ<=6)then YY=2:XX=POJ-3:goto *MTRX
if(POJ<=9) then YY=3: XX=POJ-6: goto *MTRX
?"ERR 5 ":stop
*MTRX
if BLKNO=1 then X=XX:Y=YY: goto *DTSET
if BLKNO=2 then X=XX+3:Y=YY: goto *DTSET
if BLKNO=3 then X=XX+6:Y=YY: goto *DTSET
if BLKNO=4 then X=XX:Y=YY+3: goto *DTSET
if BLKNO=5 then X=XX+3:Y=YY+3: goto *DTSET
if BLKNO=6 then X=XX+6:Y=YY+3: goto *DTSET
if BLKNO=7 then X=XX:Y=YY+6: goto *DTSET
if BLKNO=8 then X=XX+3:Y=YY+6: goto *DTSET
if BLKNO=9 then X=XX+6:Y=YY+6: goto *DTSET
?" ERROR 10 ": stop
*DTSET
AL(X,Y)=CHUMOKU
ALLCNT=ALLCNT+1
?" ":?" X=";X," Y=";Y," DATA=";CHUMOKU,"ALL CNT=";ALLCNT
'gosub *DISP3
?" ================ "
return
'---------------------------------------------------------------
*AAA
INV1(1)=AL(1,1): INV1(2)=AL(2,1): INV1(3)=AL(3,1)
INV1(4)=AL(1,2): INV1(5)=AL(2,2): INV1(6)=AL(3,2)
INV1(7)=AL(1,3): INV1(8)=AL(2,3): INV1(9)=AL(3,3)
gosub *BLKOUTCOPY
return
*BBB
INV1(1)=AL(4,1): INV1(2)=AL(5,1): INV1(3)=AL(6,1)
INV1(4)=AL(4,2): INV1(5)=AL(5,2): INV1(6)=AL(6,2)
INV1(7)=AL(4,3): INV1(8)=AL(5,3): INV1(9)=AL(6,3)
gosub *BLKOUTCOPY
return
*CCC
INV1(1)=AL(7,1): INV1(2)=AL(8,1): INV1(3)=AL(9,1)
INV1(4)=AL(7,2): INV1(5)=AL(8,2): INV1(6)=AL(9,2)
INV1(7)=AL(7,3): INV1(8)=AL(8,3): INV1(9)=AL(9,3)
gosub *BLKOUTCOPY
return
*DDD
INV1(1)=AL(1,4): INV1(2)=AL(2,4): INV1(3)=AL(3,4)
INV1(4)=AL(1,5): INV1(5)=AL(2,5): INV1(6)=AL(3,5)
INV1(7)=AL(1,6): INV1(8)=AL(2,6): INV1(9)=AL(3,6)
gosub *BLKOUTCOPY
return
*EEE
INV1(1)=AL(4,4): INV1(2)=AL(5,4): INV1(3)=AL(6,4)
INV1(4)=AL(4,5): INV1(5)=AL(5,5): INV1(6)=AL(6,5)
INV1(7)=AL(4,6): INV1(8)=AL(5,6): INV1(9)=AL(6,6)
gosub *BLKOUTCOPY
return
*FFF
INV1(1)=AL(7,4): INV1(2)=AL(8,4): INV1(3)=AL(9,4)
INV1(4)=AL(7,5): INV1(5)=AL(8,5): INV1(6)=AL(9,5)
INV1(7)=AL(7,6): INV1(8)=AL(8,6): INV1(9)=AL(9,6)
gosub *BLKOUTCOPY
return
*GGG
INV1(1)=AL(1,7): INV1(2)=AL(2,7): INV1(3)=AL(3,7)
INV1(4)=AL(1,8): INV1(5)=AL(2,8): INV1(6)=AL(3,8)
INV1(7)=AL(1,9): INV1(8)=AL(2,9): INV1(9)=AL(3,9)
gosub *BLKOUTCOPY
return
*HHH
INV1(1)=AL(4,7): INV1(2)=AL(5,7): INV1(3)=AL(6,7)
INV1(4)=AL(4,8): INV1(5)=AL(5,8): INV1(6)=AL(6,8)
INV1(7)=AL(4,9): INV1(8)=AL(5,9): INV1(9)=AL(6,9)
gosub *BLKOUTCOPY
return
*III
INV1(1)=AL(7,7): INV1(2)=AL(8,7): INV1(3)=AL(9,7)
INV1(4)=AL(7,8): INV1(5)=AL(8,8): INV1(6)=AL(9,8)
INV1(7)=AL(7,9): INV1(8)=AL(8,9): INV1(9)=AL(9,9)
gosub *BLKOUTCOPY
return
'----------------------------------------------------------------------------
*BLKOUTCOPY
for BLKX=1 to 9
BLKOUT(BLKX)=INV1(BLKX)
next BLKX
return
'----------------------------------------------------------------------------
*DISP1
'?" INV1(1~)=";
for KKK=1 to 9
?INV1(KKK);
next kkk
return
'---------------------------------------
*DISP3
?" "
for YYY=1 to 9
for XXX=1 to 9
?AL(XXX,YYY);
if XXX=3 then ?" ";
if XXX=6 then ?" ";
next XXX
if YYY=3 then ?" "
if YYY=6 then ?" "
?" "
next YYY
return
'---------------------------------------
'問題のテーブルデータの設定
'ニコリ全問解説数独P6
*TBL_P6
data 6,0,2,0,0,1,0,0,5
data 0,0,1,0,0,0,6,0,0
data 0,8,0,0,5,0,0,2,3
data 3,0,0,9,0,2,0,0,0
data 0,0,4,0,0,0,8,0,0
data 0,0,0,1,0,3,0,0,7
data 5,1,0,0,6,0,0,8,0
data 0,0,3,0,0,0,2,0,0
data 2,0,0,7,0,0,5,0,1

for YY=1 to 9
for XX=1 to 9
read AL(XX,YY)
next XX
next YY
return





今我が家の庭に大きく咲きだした変わった形のアジサイ
ばあちゃんが大事にしていた形見です。

c0335218_20195548.jpg

とんがり帽子の形をしています。 まだこれから大きくなるところですね。

c0335218_20200528.jpg


何という花?



c0335218_20201743.jpg

葉っぱの中心に紫色のかわいい花が咲いています。
c0335218_20204033.jpg






by telmic-gunma | 2018-06-20 20:41 | HP電卓 | Trackback | Comments(6)

4x4の数独(ナンプレ)をBASIC言語で解けるようになりました。
池田書店の「小学生のナンプレ」に載っている4x4の練習問題20問すべて解けたのでまず間違いないとおもいます。
前回は乱数を使って答えが合うまでやり直すという無茶な方法でしたが、今回は人間が考えるのと同じ手順で理屈に合わせながらすすめる方法でやりました。
解いていく過程で行き詰まって逆戻りしてやり直す機能が必要かなと思っていましたが、そのような機能は必要ありませんでした。
ニコリで出している「数独攻略ガイド」の9ページに


「面倒な先読みは数独では一切不要なのです。
「ここは確実にこれだ」という推理を積み重ねていくことで、
必ずただ1つの正解にたどりつくことができますよ。」
これだと 問題を作るとき、いい加減には出来ないですね。
ちゃんと1つづつ手順を考えて矛盾が起きないようにする必要がありますね。
逆に考えると、先読みが必要だったり逆戻りして数値入れ替えてやり直す必要がある問題なんて言うのも楽しいかもしれません。
すがわらさんが言っていた乱数とのハイブリッドなんていうのもいいですね。


いろいろと悩んだ原因で思いついたことは、「パズルは数式で表せないので、プログラム化し難い」という事でした。
数学や制御の計算ならば必ず「数式」があるのでそれに基づいてプログラム化できますが、「パズルの数式」というのは世の中にあるのでしょうか。

今回やった答えを出す手順を言葉で表すとするならば以下のようになります。
1、左上から右方向に空欄を探していく
2、空欄があれば、その座標の横方向、縦方向、含まれるブロック、の3種の縛りから各々の取りうる可能性のある数値をだす。
3、例えば横方向に1、と3、の数値が置かれていたらその空欄の取りうる可能性のある数値は2、と4、になります。
4、縦の方向に2、と3、の数値が置かれていたらその空欄の取りうる数値は1、と4、になります。
5、そのブロックに1、と2、が置かれていたら取りうる数値は3、と4、になります。
6、この3っつの縛りに共通しているのは4、だけなのでここは4で確定するということになります。
7、もし共通する数値が2個以上あるということならば確定しないのでそこは何もしないでパスします。
8、これをすべての空欄について行うと必ず答えが見つかります。
  (まだ 4x4 でしか動かしていませんが)

わたしにとっては、このような言葉での説明が一番わかりやすいですね。
それは、私の頭の中でこのような言葉で考えているからでしょうか。

つぎは、これがHP電卓で動作できるか、そして 9x9に対応させられるかというところですね。
c0335218_15183401.jpg


c0335218_15190578.jpg


c0335218_15193404.jpg


c0335218_15200548.jpg


F-BASIC97 人間が考えるのと同じ手順でやってます。



'数独 SDOK_61B

'基本テーブル配列の定義
dim AL(4,4) '4行4列の元データ
dim CHK(12) '可能性データの集合 横4個 縦4個 ブロック4個
dim INV1(4) '変換前のテーブルデータ
dim INV2(4) '変換後の可能性数値データ
'
'問題のテーブルデータの設定
gosub *TBL020 '小学生のナンプレ 例題 020
gosub *DISP3 '数値確認のため 画面表示
stop
'空欄のマスをサーチする
for Y=1 to 4
for X=1 to 4
'?" X=";X;:?" Y=";Y;
if AL(X,Y)=0 then gosub *SHORI   'もし空欄ならSHORIルーチンへ行く
next X
next Y
?" All kaitou"
stop:stop 'メインルーチン 終わり
'-------------------------------------------------------------------------
'空欄のたて、横、ブロックのデータを読み込む
*SHORI
for XX=1 to 12
CHK(XX)=0 '変換テーブルをクリアする
next XX


for XX=1 to 4
INV1(XX)=AL(XX,Y) '該当する横軸データ4個を変換テーブルにコピーする
next XX
'空欄に入る可能性データに変換する
for XX=1 to 4
INV2(XX)=XX  ’変換テーブルの種データ1~4を入れておく
next XX
for YY=1 to 4
for XX=1 to 4
if INV2(XX)=INV1(YY) then INV2(XX)=0  ’同一データの時は消す
next XX
next YY
for XX=1 to 4
CHK(XX)=INV2(XX)   ’残った可能性有りデータを移す
next XX
'------------------------------------------------
'問題のテーブルから縦の列データをコピーする
for YY=1 to 4
INV1(YY)=AL(X,YY)
next YY
'空欄に入る可能性データに変換する
for XX=1 to 4
INV2(XX)=XX
next XX
for YY=1 to 4
for XX=1 to 4
if INV2(XX)=INV1(YY) then INV2(XX)=0  ’可能性無いのを消し有りを残す
next XX
next YY
for XX=1 to 4
CHK(XX+4)=INV2(XX)
next XX
'-------------------------------------------------
'問題のテーブルからブロックデータをINV1へコピーする
if (X<=2)and(Y<=2) then gosub *AA:goto *BLKMOVEND
if (X>=3)and(Y<=2) then gosub *BB:goto *BLKMOVEND
if (X<=2)and(Y>=3) then gosub *CC:goto *BLKMOVEND
if (X>=3)and(Y>=3) then gosub *DD:goto *BLKMOVEND
?" ERR_blkend":stop
*BLKMOVEND
'空欄に入る可能性データに変換する
for XX=1 to 4
INV2(XX)=XX
next XX
for YY=1 to 4
for XX=1 to 4
if INV2(XX)=INV1(YY) then INV2(XX)=0
next XX
next YY
for XX=1 to 4
CHK(XX+8)=INV2(XX)
next XX
'-------------------------------------------------
'
BF(1)=0:BF(2)=0:BF(3)=0:BF(4)=0
for M=1 to 4
KZ=0:GT=0
for T=1 to 12
if CHK(T)=M then KZ=KZ+1
if KZ>=3 then ANS=M:GT=1:BF(M)=1:T=12: ’同一数値が3個あれば可能性有りとする
next T
next M
OKCHK=BF(1)+BF(2)+BF(3)+BF(4) ’可能性有りフラグを合計する
if OKCHK<>1 then goto *NON    ’可能性有りが1つ以外ならダメ
AL(X,Y)=ANS          ’可能性OKなので空欄に書き込む
*NON
gosub *disp3
?" LOOP end"
return
'-------------------------------------------------
’該当するブロックデータを変換テーブルに移す
*AA
INV1(1)=AL(1,1): INV1(2)=AL(2,1): INV1(3)=AL(1,2): INV1(4)=AL(2,2): return
*BB
INV1(1)=AL(3,1): INV1(2)=AL(4,1): INV1(3)=AL(3,2): INV1(4)=AL(4,2): return
*CC
INV1(1)=AL(1,3): INV1(2)=AL(2,3): INV1(3)=AL(1,4): INV1(4)=AL(2,4): return
*DD
INV1(1)=AL(3,3): INV1(2)=AL(4,3): INV1(3)=AL(3,4): INV1(4)=AL(4,4): return
'-------------------------------------------------------
*DISP1   ’デバッグ用画面表示
?" INV1(1)=";INV1(1),
?" INV1(2)=";INV1(2),
?" INV1(3)=";INV1(3),
?" INV1(4)=";INV1(4)
return

*DISP2   ’デバッグ用画面表示
?" INV2(1)=";INV2(1),
?" INV2(2)=";INV2(2),
?" INV2(3)=";INV2(3),
?" INV2(4)=";INV2(4)
return

*DISP3   ’デバッグ用画面表示
?AL(1,1);:?AL(2,1);:?AL(3,1);:?AL(4,1)
?AL(1,2);:?AL(2,2);:?AL(3,2);:?AL(4,2)
?AL(1,3);:?AL(2,3);:?AL(3,3);:?AL(4,3)
?AL(1,4);:?AL(2,4);:?AL(3,4);:?AL(4,4)
return

*DISP4   ’デバッグ用画面表示
for X12=1 to 12
? CHK(X12);
next X12
?" "
return

'問題のテーブルデータの設定

*TBL020
AL(1,1)=4:AL(2,1)=0:AL(3,1)=0:AL(4,1)=0:
AL(1,2)=2:AL(2,2)=0:AL(3,2)=3:AL(4,2)=4:
AL(1,3)=3:AL(2,3)=4:AL(3,3)=0:AL(4,3)=1:
AL(1,4)=0:AL(2,4)=0:AL(3,4)=0:AL(4,4)=3:
return




庭の花です。  今年はもう咲きだしました。 アルストロメリアでしたよね。
c0335218_15221863.jpg

これは なでしこ ですね。

c0335218_15204173.jpg



c0335218_15213889.jpg


by telmic-gunma | 2018-06-03 16:08 | HP電卓 | Trackback | Comments(4)

前回 「数独」をBASICと乱数を使って解いてみたものを、同じ方法でHP電卓でやりました。
電卓の機種はメモリー容量の心配があったので容量の大きなHP42Sを使いました。
結果は 226ステップ(380Byte)で済みましたのでHP32SやHP15Cでもそのまま行けると思います。
(HP42Sはメモリーが7kByteあるので 5%しか使わなかったのですね。)

時間は 4x4マス(16マス)のうち空欄が2個の状態で、50秒かかりました。乱数なので運しだいですけれど。
演算時間に関して乱数で総当たりはHP電卓には可哀そうですが、人間が考える手順と同じ方法で答えを確定的に決めていければ早くすむと思います。
メモリ容量に関してはこの「HP42S」で頑張ってみてもし足りなくなるようならば「HP48G」(128kByte)もいいかな。

「こんなのやっても意味ないじゃん」と言われそうですが(すでに言われていたかな)そんなことありません。
「ボケ」の防止には十分役立っています。
ブログを見ていたら、どなたかHP電卓大好きなひとが、定年退職しちゃってHP電卓あっても計算することがない、となげいていましたが、そのお気持ちわかりますね。
 
今回「乱数」で答えを出すなどと超邪道な方法でしたが、次には人間が考える手順と同じ方法をやらせてみようとおもいます。
その次には、9X9マス フルサイズに挑戦、 すがわらさんが教えてくれた合成した方法などまだまだいろいろと楽しめそう。


c0335218_10495804.jpg

01  LBL "SDOK01"
02 LBL 01     ’ローカルフラグ メインループヘッド
03 XEQ 02     ’元になる問題を定数に入力する
04 XEQ 03     ’空いたマスに乱数で数値を埋めていく
05 XEQ 04     ’縦、横、ブロック、の3要素がルールに合うかチェック
06 FS? 01     ’OKでないなら先頭に戻り違う数値でやり直す
07 GTO 01
08 STOP

’4X4の16マスに問題を埋めていく(R1~R16を4X4マスに相当させる)
今回の問題 R1とR2が0が入って空欄です。
'R1=0, R2=0 R3=1, R4=2
’R5=1, R6=2 R7=3, R8=4
’R9=2, R10=3, R11=4, R12=1
'R13=4, R14=1, R15=2, R16=3

09 LBL 02
10 0
11 STO 01
12 STO 02
13 1
14 STO 03
15 2
16 STO 04
17 1
18 STO 05
19 2
20 STO 06
21 3
22 STO 07
23 4
24 STO 08
25 2
26 STO 09
27 3
28 STO 10
29 4
30 STO 11
31 1
32 STO 12
33 4
34 STO 13
35 1
36 STO 14
37 2
38 STO 15
39 2
40 STO 16
41 RTN


’R1~R16で0を探し0の所に1~4の値を乱数で入れる
42 LBL 03
43 RCL 01
44 XEQ 31
45 STO 01
46 RCL 02
47 XEQ 31
48 STO 02
49 RCL 03
50 XEQ 31
51 STO 03
52 RCL 04
53 XEQ 31
54 STO 04
55 RCL 05
56 XEQ 31
57 STO 05
58 RCL 06
59 XEQ 31
60 STO 06
61 RCL 07
62 XEQ 31
63 STO 07
64 RCL 08
65 XEQ 31
66 STO 08
67 RCL 09
68 XEQ 31
69 STO 09
70 RCL 10
71 XEQ 31
72 STO 10
73 RCL 11
74 XEQ 31
75 STO 11
76 RCL 12
77 XEQ 31
78 STO 12
79 RCL 13
80 XEQ 31
81 STO 13
82 RCL 14
83 XEQ 31
84 STO 14
85 RCL 15
86 XEQ 31
87 STO 15
88 RCL 16
89 XEQ 31
90 STO 16
91 RTN
92 LBL 31
93 Xキ0?
94 GTO 32
95 RAN
96 4
97 X
98 1
99 +
100 IP
101 LBL 32
102 RTN

’たて、よこ、ブロック、の4文字単位で数値のダブリがあるかチェックする。
103 LBL 04
104 RCL 01
105 RCL 02
106 RCL 05
107 RCL 06
108 XEQ 41
109 FS? 01
110 RTN

111 RCL 01
112 RCL 02
113 RCL 05
114 RCL 06
115 XEQ 41
116 FS? 01
117 RTN

118 RCL 01
119 RCL 02
120 RCL 05
121 RCL 06
122 XEQ 41
123 FS? 01
124 RTN

125 RCL 01
126 RCL 02
127 RCL 05
128 RCL 06
129 XEQ 41
130 FS? 01
131 RTN

132 RCL 01
133 RCL 02
134 RCL 05
135 RCL 06
136 XEQ 41
137 FS? 01
138 RTN

139 RCL 01
140 RCL 02
141 RCL 05
142 RCL 06
143 XEQ 41
144 FS? 01
145 RTN

146 RCL 01
147 RCL 02
148 RCL 05
149 RCL 06
150 XEQ 41
151 FS? 01
152 RTN

153 RCL 01
154 RCL 02
155 RCL 05
156 RCL 06
157 XEQ 41
158 FS? 01
159 RTN

160 RCL 01
161 RCL 02
162 RCL 05
163 RCL 06
164 XEQ 41
165 FS? 01
166 RTN

167 RCL 01
168 RCL 02
169 RCL 05
170 RCL 06
171 XEQ 41
172 FS? 01
173 RTN

174 RCL 01
175 RCL 02
176 RCL 05
177 RCL 06
178 XEQ 41
179 FS? 01
180 RTN

181 RCL 01
182 RCL 02
183 RCL 05
184 RCL 06
185 XEQ 41
186 FS? 01
187 RTN
188 12345678  ’答えが見つかったので画面に12345678と表示しておわる
189 RTN

 ’4文字単位で同じ数値が無いことを確認する
190 LBL 41   
191 STO 24
192 R↓
193 STO 23
194 R↓
195 STO 22
196 R↓
197 STO 21
198 SF? 01
199 RCL 22
200 X=Y?
201 GTO 42
202 RCL 21
203 RCL 23
204 XキY?
205 GTO 42
206 RCL 21
207 RCL 24
208 XキY?
209 GTO 42
210 RCL 22
211 RCL 23
212 XキY?
213 GTO 42
214 RCL 22
215 RCL 24
216 XキY?
217 GTO 42
218 RCL 23
219 RCL 24
220 XキY?
221 GTO 42
222 CF 01
223 RTN

224 LBL 42
225 RTN
226 END




今年はじめての イチゴの収穫です。
手入れをしていないので、やはりだんだんと小さくなってきたようです。
このイチゴ 今シーズン食べ終わったら植え替えてみます。
真ん中は大きさ比較のための電卓のHP29Cです。
わたしの美的センス なんとかならないか。

c0335218_10492890.jpg
ジャガイモです。 成長がびっくりするぐらい早いですね。

c0335218_10502969.jpg



ジャガイモのはな、  それなりにきれいですね。

c0335218_10510503.jpg


by telmic-gunma | 2018-05-24 11:20 | HP電卓 | Trackback | Comments(4)

101歳で現役のお医者さん(女性)の記事を読んでいたら、ボケ防止で「数独」をやっていると書いてありました。
私にとっては、 「数独」って何 初めて見たけど  と言う感じでした。

「数独」を調べてみたらもう一つの呼び名が「ナンプレ」と言い、クロスワードパズルの数字版のようなもと分かりました。
たてよこ 9マス X 9マス に1~9の一桁の数字をダブらないように入れていきます。
最初に問題として数字がいくつか入れてあり、解く人は空いたマスに約束に則り埋めていきます。
入門用としてやさしい 4マス X 4マス のものや 6マス X 6マスの物などがあります。

早速 初級の問題やってみました。かなり頭を使いましたね。
このお医者さんの歳まであと30年くらい。
そんな先まで私の脳みそ大丈夫か?


これは標準の大きさ 9X9マスのものです。 ルールは
1、 ひとつの横の列には、1から9までの数字が1回ずつ入る。
2、 ひとつの立ての列には、1から9までの数字が1回ずつ入る。
3、 太い線で囲まれたブロックに、1から9までの数字が1回ずつ入る。


c0335218_20592059.jpg



これは一番簡単な 4X4マスのものです。
1、 ひとつの横の列には、1から4までの数字が1回ずつ入る。
2、 ひとつの立ての列には、1から4までの数字が1回ずつ入る。
3、 太い線で囲まれたブロックに、1から4までの数字が1回ずつ入る。


c0335218_20590340.jpg

答えを書いてみます。  これは初級の初級です。
空いたマスにその行にない1~4の数字を選ぶわけです。

c0335218_20592634.jpg


本もたくさん出版されています。
「数独」と「ナンプレ」 この名前の違いは出版社のちがいですか?


c0335218_20584712.jpg
ネットを見るとこの「数独」をパソコンで解くソフトを何人も発表しています。
この「数独」をHP電卓を使って解くことができれば最高に面白いのではないかとおもいつきました。

まずはメモリー容量や論理の動きなど皆目わからないので、BASICでやってみます。
最初はごく普通に、縦横のデータから可能性のある数値を導き出してやろうとしました。
しかしパズルを計算機で解くというのは、普通の計算ソフトや制御ソフトとは違うのですね。
人間の頭で考えるとすぐできることが、ソフトに置き換えるというのはすごく難しいようです。
行ったり戻ったり もうぐちゃぐちゃ。 二週間考えてもソフトできませんでした。(私だけかもしれませんが)
逆に考えると、人間の脳というのは、そんなプログラムが出来ていない問題でもちゃんと答えをだしてくれるというすごいものなのですね。
そんな時思いついたのは、データを入力した表が正しいかいなかは、パソコンで瞬時に解るのですからデータを乱数で作ってもいいのじゃないかということです。
正攻法はとりあえず諦めて 乱数を発生させて空欄にはめ込んで、正解になるまで何度も繰り返すという強引な方法でやってみました。

これは エプソンの PC386LSC です。
NECのPC9801のソフトがそのままうごきます。
30年近く前のものになるのでしょうか。
デスクトップパソコンとノートパソコンの丁度あいだと言ったところですね。
キーはデスクトップと同じで押しやすく 出張にも持って行きやすかったので気に入ってました。


c0335218_20585542.jpg
やってみた結果です。
4X4マスで合計16マスあるうち空欄の数で答えの出るまでの回数は大幅に違います。
空欄 2個  正解までの演算回数 10回
空欄 3個  正解までの演算回数 82回
空欄 4個  正解までの演算回数 450回
空欄 5個  正解までの演算回数 1384回
空欄 6個  正解までの演算回数 3737回
空欄 7個  正解までの演算回数 9038回  (これで 約 7分の時間がかかりました。)
空欄 8個  正解までの演算回数 200000回やっても答えは出ませんでした。(1時間以上)

やはり人間の頭で考えるような普通の手順で解くべきですね。
それと この問題はHP電卓で解けるかしら。 グダグダ考えているより作ってしまった方が早いですね。


N88BASICで 4X4を乱数で強引に解くプログラムです。 これは一日も掛からず出来ました。

1' SAVE "ADOK_M36",A
100'
103 RANDOMIZE
105 DIM X(20)
110 GOSUB 9800         ’問題のデータを読み込む
150 GOSUB 9000         ’問題を16マスに表示して確認する
170 '
180 GOSUB 9800         ’空欄のある問題のデータを読み込む
200 GOSUB 4000         ’すべての空欄(空いたマス)を乱数で埋める。
300 GOSUB 5000         ’縦横すべての条件を満たしているか確認する
310 CNT=CNT+1: PRINT CNT   ’乱数を入れて確認した回数を表示する
320 IF ER<>0 THEN GOTO 180  ’データが条件を満たさなければ180行がらやり直し
370 GOSUB 9000         ’条件を満たしたので完成した表16マスを表示する
380 '
990 PRINT" OK END "      ’完成したので"OK" を画面に表示する
995 STOP '停止して終了

4000'              16マスのうち空欄に乱数を入れる
4100 FOR I=1 TO 16
4110 A=( RND X 4 ) + 1    ’1~4の乱数を発生させる
4120 JF X(I)=0 THEN X(I)=A  ’空欄ならば乱数を入れる
4180 NEXT I
4250 RETURN

5000' 4文字単位で処理するためにデータ転送して同じ数字が無いか比較する
5510 S1=X(1):S2=X(2):S3=X(5):S4=X(6):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'AA
5520 S1=X(3):S2=X(4):S3=X(7):S4=X(8):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'BB
5530 S1=X(9):S2=X(10):S3=X(13):S4=X(14):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'CC
5540 S1=X(11):S2=X(12):S3=X(15):S4=X(16):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'DD

5545 '横の行 4文字のデータ比較
5550 S1=X(1):S2=X(2):S3=X(3):S4=X(4):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'A1
5560 S1=X(5):S2=X(6):S3=X(7):S4=X(8):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'A2
5570 S1=X(9):S2=X(10):S3=X(11):S4=X(12):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'A3
5580 S1=X(13):S2=X(14):S3=X(15):S4=X(16):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'A4

5585 '縦の列 4文字のデータ比較
5590 S1=X(1):S2=X(5):S3=X(9):S4=X(13):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'B1
5600 S1=X(2):S2=X(6):S3=X(10):S4=X(14):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'B2
5610 S1=X(3):S2=X(7):S3=X(11):S4=X(15):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'B3
5620 S1=X(4):S2=X(8):S3=X(12):S4=X(16):GOSUB 5700: IF ER<>0 THEN GOTO 5650 'B4
5630 PRINT "Double Check OK"
5650 RETURN

5700 ' 4文字についてのみ同じものが無いか比較する
5710 ER=0
5720 IF S1<>0 AND S1=S2 THEN ER=1: GOTO 5760
5725 IF S1<>0 AND S1=S3 THEN ER=1: GOTO 5760
5730 IF S1<>0 AND S1=S4 THEN ER=1: GOTO 5760
5735 IF S2<>0 AND S2=S3 THEN ER=1: GOTO 5760
5740 IF S2<>0 AND S2=S4 THEN ER=1: GOTO 5760
5745 IF S3<>0 AND S3=S4 THEN ER=1: GOTO 5760
5760 RETURN

9000 ' 全16文字データを画面表示する
9010 PRINT "X 1=" ; X(1); X(2); X(3); X(4)
9015 PRINT "X 5 =" ; X(5); X(6); X(7); X(8)
9020 PRINT "X 9 =" ; X(9); X(10); X(11); X(12)
9025 PRINT "X13=" ; X(13); X(14); X(15); X(16)
9030 RETURN

9800 ' 問題データ  (ゼロは空欄のことです)
9810 X(1)=0:X(2)=4:X(3)=1:X(4)=2
9810 X(5)=1:X(6)=2:X(7)=3:X(8)=4
9810 X(9)=2:X(10)=3:X(11)=4:X(12)=1
9810 X(13)=4:X(14)=1:X(15)=0:X(16)=3
9830 RETURN




我が家の庭に咲いている花


西洋シャクナゲ
c0335218_21445058.jpg





昔は 「テツセン」 と言ったそうです。

c0335218_21452092.jpg
c0335218_21470978.jpg


散歩している途中の道端にあるリンゴの木です。 
ちょうど花が咲いていました。

c0335218_21453574.jpg

c0335218_21454449.jpg

道ばたに咲いていたきれいな花、 名前は解りません。

c0335218_21445672.jpg

















by telmic-gunma | 2018-05-12 12:58 | HP電卓 | Trackback | Comments(10)

ニュートンライト が出ました。
Newton別冊の内容を抜粋、加筆、再編集したものだそうです。
内容はNewton別冊とほぼ同じでビジュアルの見やすい形はそのままです。
大きさ比較のため HP29C が乗せてあります。
数学の勉強は全然進んでいないけれど、また少し楽しめるかな。

c0335218_21035882.jpg










by telmic-gunma | 2018-02-12 21:39 | HP電卓 | Trackback | Comments(0)

前回の続きで雑誌ニュートンの2018年2月号「美しき無限の数式」特集のπ(pai)に関するもの HP電卓を使って遊んでみます。
今度は HP42S を使いました。
理由はHP42Sは 2行表示なので何項目かの表示とそこまでの積算値が一度に表示できるからです。


c0335218_19244143.jpg

このページには4個の式が載っていますがまずは一番上のだけやってみます。
HP42Sのプログラムリストです。

------------------------------

01 LBL "AA" * イニシャライズスタート
02 0 *
03 STO "B" * 分母の値 1,2,3 - - 初期値をセット 1
04 STO "A" * 積算合計値 - - - - の初期値をセット 1

05 LBL "BB" *ループ計算の先頭ラベル
06 1 *
07 STO+”B” *分母に1を加算する
08 RCL ”B" *加算した分母を呼込む
09 X^2 *分母X^2乗の計算
10 ÷ *分子割る分母
11 STO+ "A" *累積値に1/(X^2)を加算する
12 RCL "B" *項のNoをYレジに表示
13 RCL "A" *ここまでの累積合計値をXレジに表示
14 R/S  *ストップしてここまでの累積値を表示
15 GTO "BB" *ループヘッドへ戻り計算を繰り返す


これを N88BASICで書いてみると、以下のようになります。

100 A=0:B=0
200 '
210 B = B + 1
220 A = A + 1/(B^2)
230 PRINT B,A
240 GOTO 200
ごく簡単なプログラムになりますね。

このページ一番上の式の左辺 
(π^2)/6を計算すると1.64493406685となります。
右辺をプログラムまわして計算するとどんどんこの値に近づいていきます。

しかし 不思議ですね こんなきれいな数列を計算していくと円とは全く関係なさそうなのに円周率が答えになってくるなんて。
そして 昔の人は、電卓や計算機など無い時代にどのようにしてこれを確かめたのでしょうか。



by telmic-gunma | 2018-01-21 22:10 | HP電卓 | Trackback | Comments(0)

雑誌ニュートンの2018年2月号に「美しき無限の数式」と言う特集がありました。

また HP電卓を使って遊んでみます。
HP32Sを使いました。

c0335218_19235105.jpg


いくつもの式が載っていますが、まずは最初のものに挑戦してみます。
テキスト文で分数がうまく表示できないので写真右の式を参照してください。

c0335218_19243179.jpg
HP32Sのプログラムリストです。

------------------------------

A01 LBL A * イニシャライズスタート
A02 1 *
A03 STO B * 2の指数の値 1,2,3 - - - の初期値をセット 1
A04 STO A * そこまでの合計値 - - - - の初期値をセット 1
A05 ENT *
A06 1 * 最初の分数の分子
A07 ENT *
A08 2 * 最初の分母
A09 ÷ * 分数を割り算して少数にする
A10 + * 過去の累積値と今回の計算を加算する
A11 STO A * ここまでの合計値

B01 LBL B * ループ計算の先頭ラベル
B02 1 * 分子の1をセット
B03 ENT *
B04 2 * 分母の2をセット
B05 ENT *
B06 1 * 分母の指数
B07 STO +B * 分母の指数に1を加算する
B08 R↓ * 分子の1のスタック位置合わせ
B09 RCL B * 加算した分母の指数を呼び込む
B10 Y^X * Y^X乗の計算
B11 ÷ * 分数の割り算
B12 STO +A * ここまでの累積合計値
B13 RCL B * (不要)hp42Sの時項のNoをYレジに表示する
B14 RCL A * ここまでの累積合計値をXレジに表示
B15 PSE * 累積値を1秒間表示する
B16 GTO B * ループヘッドへ戻り計算を続ける

これで終わりです。


やってみると、意外とはやく2に収束していきます。
まずは簡単な小手調べというところですか。
式は全部で10種くらいあるにかな、 順次やっていくつもりです。


***************

++++++++++++++ 
-------------------------



by telmic-gunma | 2018-01-17 20:31 | HP電卓 | Trackback(2) | Comments(0)

前回 π(パイ)円周率 を求めるのにモンテカルロ法を使って遊んでみましたが、調べる範囲が解っているのになぜ乱数使ってやるの? 
と疑問が湧いたのでモンテカルロ法をちょっと変えてやってみました。
図のNo1はモンテカルロ法で、ひとつの真四角の中に乱数でランダムに点を置いて半円(1/4円)の内側にあるかを調べて数の比率で円周率を求めます。
しかし 調べる範囲が決まっているのだから、なにも不安定な乱数でやることはないと思います。
No2は端から順番に均一に調べていく方法です。 これならばらつきもなく精度が上がるのでないかと思いやってみました。
とりあえず 演算時間もあるので真四角を立て横100等分して合計10000点で調べました。



c0335218_18194215.jpg



c0335218_10462042.jpg


全プログラムリスト 

HP32Sのプログラムです。
10000点のデータが出るまでに20分かかりました。

A01 LBL A
A02 0
A03 STO X
A04 STO Y
A05 STO T
A06 STO P

B01 LBL B
B02 RCL X

C01 LBL C
C02 XEQ H
C03 0.01
C04 STO +Y
C05 RCL Y
C06 1
C07 X>Y ?
C08 GTO C
C09 0
C10 STO Y
C11 0.01
C12 STO +X
C13 RCL X
C14 PSE
C15 1
C16 X>Y ?
C17 GTO B
C18 RCL T
C19 RCL P
C20 STOP

H01 LBL H
H02 1
H03 STO +T
H04 RCL X
H05 X^2 Xの2乗
H06 RCL Y
H07 X^2
H08 +
H09 1
H10 X<Y ?
H11 RTN
H12 1
H13 STO +P
H14 RTN


使用した変数
X
Y
P
T

結果
円の内側の点  7953
真四角の全点 10000

円周率  ( 7953 * 4 ) / 10000 = 3.1812

モンテカルロ法より悪いですね。 縦横100等分ではまだ粗いということでしょうか。
しかし HP電卓でやてみるとこれでも20分かかりました。



************************************************************************

同じ動作をするものを PC9801のN88Basicで組んでみました。(古いですね)
内部演算をバイナリでやっているため、計算の終わりに近づくと少しづつ誤差が累積してきます。
演算時間は30秒くらいでしょうか。

X=0: Y=0: T=0: P=0

WHILE X < 1
PRINT X
WHILE Y < 1
T = T + 1
L = ( X^2 + Y^2 )
IF L < 1 THEN P = P + 1
Y =Y + 0.01
WEND
Y = 0
X = X + 0.01
WEND
PRINT T
PRINT P




これで終わりです。





親戚の農家から柿を貰いました。
柿の品評会で金賞を何度もとったことがあるそうです。
この家の周りには、手入れをされた柿の木がなん十本もあります。
今は 80歳をとうに過ぎていますが、柿を作り始めた歳がなんと70歳だそうで、今の私より歳をとっていたんだ。 弟子入りして教わろうかな。
最初木になっている時は渋柿ですが、木になっている状態でビニール袋を被せ渋抜きをして甘くするそうです。
柿を切って見ると断面にはゴマというのですか黒いつぶつぶがたくさんあります。 当然種なしです。
実は固くて歯ごたえがあり、とても美味しいです。
さて 悩むのは、お返しをどうしよう、ということですね。
もう少したつとりんごがもらえる予定なのでそれ持ってお返しかねて遊びに行ってみようかな。
ついでに言ってしまうと、我が家のネギの苗もこの親戚からもらったものです。
プロというか年期が入っていて市販されている苗よりもとても元気の良いものを作ります。
写真の左下にあるのはHP29c電卓です。大きさ比較のために置きましたがじゃまでしたね。
電卓の上下の長さは13cmです。  この柿を貰う前日スーパーで一つ100円の柿買ってきて食べましたが、それよりもこの方が大きくて美味しいです。

c0335218_19432926.jpg




by telmic-gunma | 2017-11-16 11:20 | HP電卓 | Trackback | Comments(0)

HP電卓の入門解説書(モデル67,07)が本棚の奥から出てきました。
これは YHP(横河ヒューレット・パッカード株式会社)が作ったもので、逆ポーランドの動作や、HP電卓の操作がとても解りやすく書いてあります。
HP電卓においては機種が違っても逆ポーランド法の基本はすべて同じです。
上位機種になるほど命令の種類やメモリーがふえるだけです。
ですので ここに載せたモデル67/モデル97の基本のところはたの機種にもそのまま使えます。

この冊子をスキャナで読みjpgファイルにしてパソコンで読むにはくっきりと大きな文字で読みやすいのですが、ブログに転送すると途端に小さな文字となり読みにくくなってしまいます。
いろいろ試したのですが jpgファイルの大きさにより違いがあるようです。
あるサイズ以下ならば拡大され、あるサイズを超えるとそのままか縮小されてしまうようです。
もう少し試してみます。とりあえずは大小混在していますが、ガマンしてください。


c0335218_23353432.jpg

c0335218_08453438.jpg

c0335218_08460848.jpg

c0335218_08474937.jpg

c0335218_08490040.jpg

c0335218_08495602.jpg

c0335218_08503585.jpg

c0335218_08515099.jpg

c0335218_08530244.jpg

c0335218_08535581.jpg

c0335218_08545157.jpg

c0335218_08572368.jpg

c0335218_08594930.jpg

c0335218_09013315.jpg

c0335218_09033212.jpg

c0335218_09043306.jpg

c0335218_09052911.jpg

c0335218_09064069.jpg

c0335218_09081649.jpg

c0335218_09102264.jpg

c0335218_09112729.jpg

c0335218_09125588.jpg

c0335218_09281082.jpg

c0335218_09143865.jpg

c0335218_09302151.jpg

c0335218_09315866.jpg

c0335218_09370363.jpg

c0335218_09354987.jpg

c0335218_09380429.jpg

c0335218_09391805.jpg

c0335218_09403267.jpg

c0335218_09414487.jpg

c0335218_09423894.jpg

c0335218_09433998.jpg

c0335218_09484526.jpg


by telmic-gunma | 2017-11-07 21:24 | HP電卓 | Trackback | Comments(2)