ブログトップ

電子工作やってみたよ

若い仲間から「アイデア下さい」と言われて考えたのが下記の回路。
条件は 「入力変化に一定傾斜で追いつく回路」
まだ100点満点じゃないけれど一応それなりの動作はします。
そうこうしているうちに、
「とりあえず製品には入れなくてよくなったので、今回は頭の体操だけということで」
となりました。
c0335218_05163704.jpg
c0335218_05164201.jpg

了解をもらったので、ブログに載せてみます。

この回路 丸三日考えました。
昼間 本気で考えていると、ふとんの中に入っても頭から離れず、ずーっと考え続けていました。
最初は、積分器、コンパレータ、アナログスイッチなどの組み合わせで模索していましたが、
ふとんの中で考えているとき、おもいつきました。

昔 一緒に仕事していた同僚で、どんな回路でも、すぐAGC(オートゲインコントロール)を使いたがるのがいました。
それを組み込むと今まで不安定だった回路が不思議とピターと安定するのです。
今回 アイデアが煮詰まっていたところに、なぜかそのことが思い出されたので、ちょっとトライしてみました。
出力をいろいろ細工してから一番入力の所まで戻してみます。
思った通りの動作をしてくれました。

サーキットビューア(電子回路シュミレータ)いいですね。
回路でも定数でも、手を汚さずにすぐ変更して実験出来るのですから。
一番の効果は実験のための部品集めをしなくて済むことかな。
昔なら考えてから部品集めて実験するまで、えらい時間がかかったのに、
「思いついたら実験できる」なんて夢のようですね。
これも「電子工作」と言うことですよね。

わたし もうすぐ70歳になりますが、「わたしの頭 まだ結構使えるじゃん。」
と本人だけ勝手に思い込んでいます。


by telmic-gunma | 2018-11-03 06:33 | 電子回路シュミレータ | Trackback | Comments(2)

なかなか頭の中がすっきりとしていないのですが、
ヒントをいただいたので、いろんな方向からアタックしてみます。
この式から数値計算で円周率をだしてみます。

c0335218_20463019.jpg
HP電卓(HP32S)でやってみました。
0から1の間を100分割して高さを出してから幅(0.01)をかけて一つの面積を出しそれを100回繰り返します。
答えは3.1316 多少の誤差はゆるしてください。

c0335218_21022816.jpg
念のため BASIC で計算しました。 3.1715 やはりこちらの方が精度は落ちるのかな。

c0335218_21021426.jpg


式の展開にミスはないのかチェック

c0335218_21024501.jpg

「t=TanΘ とおいて置換積分で解けるよ」とヒントいただき調べたらそっくりなのが見つかりました。
しかし、なぜ三角関数が出てきて X=TanΘ とすると最後π(パイ)にたどりつくのでしょうね。


c0335218_21012400.jpg

そこで 最も基本的なところまでもどり、式とシュミレータ回路の対応調べてみます。
            
               図 1

c0335218_21015123.jpg

図 1 の左上 Y=1 一定のもの 電圧1V時間1秒のパルスで1秒後の電圧は1Vです。
積分器 1個です。 これは 理屈でも直観でも同じで問題在りません。

c0335218_21044179.jpg
図 1 の右上 Y=X 数学的な積分で Y = (1/2)X^2 入力 1Vで出力は0.5Vですからピッタリです。

c0335218_21044768.jpg


問題はこれ
図 1 の下の左  Y=X^2 です。 
積分すると出力は 数学の上では Y=(1/3)X^3 となります。入力が1V1秒のパルスですから出力は1秒後には0.333Vになるべきです。
しかし出力電圧は167mV 想定値の半分です。

c0335218_21045382.jpg

c0335218_21045879.jpg

数値的に解いてはみると 0.338V   入力1Vに対して出力1/3で正しいです。
c0335218_21024034.jpg

c0335218_21020749.jpg

結局 問題あるのは、シュミレータの出力がおかしいと言うことになるのでしょうか。
使い方、考え方 どこかおかしいのでしょうね。
直ぐ答えが出てしまうより、いろいろ試行錯誤しながら答えに近づくのが、楽しいと思います。
と負け惜しみかな。



毎朝の散歩で通る歩行者専用のつり橋です。

c0335218_21034632.jpg

道ばたになっている柿 けっこう大きいです。 おじさんの所でたくさん作っているのですが、まだ連絡来ないなー。
c0335218_21040838.jpg


by telmic-gunma | 2018-10-25 22:31 | 電子回路シュミレータ | Trackback | Comments(4)

最初の式に戻り 掛け算器を使って二乗を計算してみます。
そのため積分器は2個ですみます。

c0335218_20463019.jpg


左から2個目のOPアンプは極性を合わせるために入れています。
c0335218_14115344.jpg
c0335218_14114095.jpg
わずかな改造ですが、本物の回路のようにつなぎ忘れや、オシロのトリガレベルのずれで起動しないなどいろいろトラブルが起きるものですね。
まあ どんなミスをしても、爆発したり火を噴かないのがいいです。
それと壊れないことも。

結果は 円周率 3.143  前回とちょっとずれました。




by telmic-gunma | 2018-10-23 14:29 | 電子回路シュミレータ | Trackback | Comments(2)

新しく手に入れた電子回路シュミレータ(インターシムV5)でさっそく、なにかやろうと考えてみました。
以前ネットで, π(パイ 円周率 3.14)をOPアンプを使って実物のアナログ回路で計算しているひとがいたので、それを参考にさせてもらい電子回路シュミレータで置き換えてみました。
この実物アナログ回路でやられたた人のブログ(ホームページかも)の名称は「円周率の計算 アナログ編」です。Googleで出ます。
2005年以降は記事の更新がされていませんので、もう亡くなられたのかもしれません。
こういうの 大好きですね。 何かに役立つわけでなく、お金になるわけでもなく(本人見ていたらごめんなさい)ただ好きだからやる、やりたいからやる、 なかなかこのような事できなくなりました。


回路図は以下の物です。
積分器を3台使っており、この積分回路のコンデンサーのデスチャージ(放電)のためにどうしてもアナログスイッチが必要だったわけです。Ver4以前のサーキットビューアには在りませんでした。

最終的な答えは、オシロ画面の右下にありますが 3.142 でした。 結構いいですね。
この電子回路シュミレータ 何も電子回路の予備実験に使用するだけでなく、物理や数学、制御などの計算にも使えますね。
世の中の通常の技術計算は、有効桁数 2~3桁あれば十分だと思います。
なぜなら世界最初の原子炉は、計算尺だけで設計されたそうですから。
もっとも 第二次大戦まえには計算尺しか計算手段がなかったのだから。
(タイガー計算機があったかな)
ゼロ戦も堀越二郎が計算尺を使って設計していましたしね。
私が学生の頃はまだ電卓が世の中には無くて、みんな計算尺を使っていましたね。
ヘンミ計算尺 電気設計用で値段は4000円位だったとおもいます。
一応買いましたが、私は紙の上で鉛筆使って手計算専門でした。

c0335218_20091021.jpg

このシュミレータ上のオシロスコープは、本物同等以上にいろいろ面白い動作をさせることが出来ます。
右下の隅に円周率計算の最終結果が出ています。
積分を3回やって出た結果 3.142 となっています。( 正解は 3.141592 すごく良いです。)
不思議ですね。この回路の定数のどこにも 3.14 なんて入ってないのに、どこからこの数値が出てくるのでしょうか。
円周率なんて 数学の図形の問題でしょう。電子回路とは全く関係ないはずなのに不思議ですね。


c0335218_20092128.jpg

以下は ネットの「円周率の計算 アナログ編」で説明されていたことです。
計算の出発点はこの式。
円周率を積分使って導く定理だそうです。


c0335218_20463019.jpg

上記の回路だと二乗するために掛け算器が必要になるので、それを無くすため
上記の式を変形して、二乗をなくして積分で済ませるようにしています。
答えは出ましたが、この定理の式や回路が納得できません。
(腑に落ちない、 いや 理解できないのですね)
あとで じっくり考えてみます。
c0335218_20462875.jpg


朝の散歩道 リンゴが実っていました。 真っ赤でもう食べれそうです。
品種は何かな、フジはまだ早いようなきがするけれど。
リンゴに限らず くだものは昔に比べると甘くて美味しくなりましたね。
小さい頃の思い出では、リンゴはすっぱいものという記憶しかありません。

c0335218_20463085.jpg


c0335218_20463067.jpg



c0335218_20462965.jpg


by telmic-gunma | 2018-10-21 20:54 | 電子回路シュミレータ | Trackback | Comments(3)