人気ブログランキング |

ブログトップ

電子工作やってみたよ

今から30年ほど昔、 東京の空は、スモッグでいつもどんよりしていました。
特に環状7号線のあたりはジーゼルエンジンのトラックによる汚染がひどく喘息が問題になっていました。
また 光化学スモッグも毎日の様に発生してニュース出ていました。

そんな頃 このジーゼルエンジンが吐き出したカーボンの粒子を分析する装置を作ってくれとの話がまわってきました。
客先は東京都環境科学研究所 こういう所があるなんてその時初めて知りました。
お役所だから名前を出してもいいのでしょうね。
納期はお役所なので3月末、そしてこの話が来たのは2月に入ってから。
設計を担当するはずだったヤツが会社とのゴタゴタで辞めちゃったたので、というのが原因。
期間は2か月も在りません。いくら何でもそれは厳しいと思いましたが、もともと突貫工事は好きな方なのでやらせてもらいました。
まあ 断れる雰囲気でもなかったと思います。

どんなもの作るのかお客さんの所に聞きに行ったり、同じような研究を筑波研究学園都市の公害研究所でやっているからと教えてもらいにいきました。
お客さんも呆れたかもしれませんね。今頃こんなこと聞きに来て納期大丈夫か?と。
まずは 設計する前から発注出来る部品はどんどん発注してそれから機械設計や電気設計してました。
当時はまだCADなど無かったので、図面は手書きでどんどん書きまくってそのあとをトレーサーの女の子に清書してもらってましたね。

部品が入ってきたら自分で組み立て。 人に手伝ってもらうという考え全然なかったみたい。
なんだかんだ、いろいろ有りましたがハード的には、何とか形が出来て、動作もしました。
残っている作業は、装置のデータを計測して処理しXYプロッタに結果を出すまでのソフト。
当時 世の中の主流だったNECのPC9801の上でN88BASICを動かしました。
しかし ソフトに手を付けたところで、タイムアウト
もう3月末の納期近くになり、物は納めておかないとやばい、ということになり装置は客先に行ってしまいました。
あとは、しょうがなく毎日客先に通ってソフトの制作とデバッグ。
そんな事をやっていたある日、ついに来ました。
予算どおりの物が入っているかをチェックする東京都の監査の人が。
素直に現在の状況を話したら、べつに怒られもせず「最後まで面倒見てくださいね。」と言ってくれたのは、うれしかったですね。 ほんと 大人の対応ですね。
社内では、「納期に遅れれば取引停止になっちゃうぞ」とヒステリー起こすひとがいたのにね。
最終的には、無事お客さんの要望通りのものが出来て検収があがりました。


このお話はまだ続きがあります。
それからしばらくして(数年かな もう忘れちゃいました)当時の石原東京都知事がとっても厳しいジーゼルエンジンの排気ガス規制をはじめました。
まだ国のほうの規制はゆるいままでしたが、石原さんのこの法律に適合しない車は東京都に入ってはいけない、というものでした。
わたしジーゼルエンジンがすきでした。燃費が安いし、上り坂でも力が強いですから。
日産のバネット(ジーゼルエンジン、マツダで作ったOEM)に乗っていましたが、都内に入れないのではマズイと思って、新しい規制に対応したバネットを注文しました。
すぐにできるという話がいつになっても完成しません。 結局一年まってもバネットのジーゼルエンジンは完成しませんでした。
仕方なくガソリン車に変えてバネットを買いました。
この排ガス規制の技術はかなり難しかった様で、他社での話ですが排ガスデータを捏造したとニュースになっていました。

ここで私が言いたいことは、
石原さんの様な人こそ自治体や国の長にふさわしい人だと言う事です。
メーカーの都合など関係なく、住民の健康や、未来のことを考えて絶対必要と思えるなら断固進める強い意志と行動力。
いいですね。 いまの東京の空がきれいなのは、石原元東京都知事のおかげです。
それに引き換え石原さん以後の都知事、特に舛添要一なんてひどかったですね。

いまの東京都環境科学研究所 どうなっているのか気になったのでネットで調べてみました。
ありました。 ついでに私の作った装置出てるかな、探したら出ていましたね。
1989年 「ステップ昇温による炭素成分の熱分析」
忘れていた担当の研究者の方の名前も出ていてなつかしくなりました。
話の通じる優しい人でしたね。


これ シャコバサボテン 玄関の暖かいところで咲いています。
まだまだこれからですね。

c0335218_11435736.jpg

庭に咲いている菊 もう終わり

c0335218_11292977.jpg

これも 庭に咲いている菊 最後の最後ですね。
c0335218_11291422.jpg




by telmic-gunma | 2018-11-29 12:13 | むかしの思い出 | Comments(6)