人気ブログランキング |

ブログトップ

電子工作やってみたよ

ついでにパソコンで動くFree42の速度をテストプログラムで調べてみました。
スマホのものの2倍以上のスピードがありました。
これで円周率10000桁の計算をすればスマホの半分の6分以下で計算出来るということになりますね。
凄いなー
しかしこれに円周率計算プログラムを入力する元気はいまの私には無いですからまた後で。


c0335218_16555663.jpg


HP15Cではループカウンターは3桁で済んだのに、Free42では8桁ですものね。

c0335218_14074386.jpg
「追記 2019-7-25 」
パソコン版のFree42にはバイナリとデシマルの2種類のファイルがありました。
昨日ではデシマルのみの結果でしたが、すがわらさんにコメントいただいたので両方計測してみました。
バイナリ版ではデシマル版の1.7倍ほど高速になっていました。
上記の演算速度の表はバイナリの項を追加したものに入れ替えました。
この演算速度はパソコンの機種やバックグラウンドで動いているソフトによりかなり違うかもしれません。

「追記 2019-7-26 」
円周率 10000桁 計算してみました。
バイナリ版でも、ちゃんと動作し答えもあっていました。
時間は 1分41秒 でした。
すごいですね DM42で10時間もかかっていたのに。
デシマル版では 4分42秒 です。

 HP42S用のテストプログラムです、他の機種もほとんど同じです。 
一部の機種では、初期値の読み込みやラベル名などに違いがあります。

LBL "AA" ’スタートのラベル
6E7      ’カウンターの初期値 60,000,000(機種によりここを変更します)
STO 0     ’カウンターの初期値を変数0にストア

LBL B    ’ループ先頭のラベル
1      'カウンターから引く数を1にする
STO -0    ’カウンター 0から1を引く
RCL 0    ’減算されたカウンターの値をXレジスターへ読み込む
X キ 0    ’Xレジスターがゼロでないかチェックする
GTO B    'ゼロでないならばラベルBへ移動する
R/S      ’Xレジスターがゼロならば停止する


わずかこれで終わりです。
演算速度は命令の種類により当然変わるはずです。
ここではプログラムのループ内で使われている命令の平均時間ですね。
厳密には命令ごとの時間が必要ですが、機種ごとのスピード比較ならばこれで良いと思っています。



ばあちゃんのかたみ  白くて尖ったアジサイ 満開です。
c0335218_17515964.jpg
あと数日で梅雨も終わりそうです。  その前に台風が来そうですが。


電子工作ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

by telmic-gunma | 2019-07-24 18:29 | HP電卓 | Comments(14)

Free42で円周率の計算10000桁 やっちゃいました。
DM42で10000桁 10時間かかったものが、わずか11分40秒で済んじゃいました。
プログラムは2019年6月21日のブログ(DM42で円周率10000桁 計算出来た)に載せたものと全く同じです。
Free42を動作させたスマホはSONYのSO-02Lです。

スマホの操作はまだダメなのでいつもコメントいただいているkusakaさんに教えていただきながらなんとかインストールできました。
円周率のプログラムは、シコシコといれたら一発でOK
ただし計算時間1分以内で済むす30桁程度は問題なかったのですが、10000桁の設定にしてスタートさせると途中でスマホの画面が消えてしまってダメ。
ここですがわらさんに画面の消えるのを防ぐ方法を教えてもらって無事10000桁まで計算できました。
大勢のひとのお世話になりました。
「ありがとうございました。」

ここで教わったスマホの修正の仕方を書いておきます。

設定 => 画面設定 => スリープ => 時間を最大の30分に設定する。

遊び終えたら元に戻し忘れないようにしないとやばいかも。

下の写真 HP電卓の様ですね。 
これはスマホにFree42を表示させたところです。
このような台を使い、手を机に乗せて操作すると間違えないようです。

c0335218_16294286.jpg

左から  HP42S DM42 Free42の入ったSONYのスマホ
一番好きなのは、やはりオリジナルの HP42Sですね。

c0335218_16294823.jpg

あけびさんに教えてもらった バーベナとおしろい花。
おしろい花がバーベナを食べちゃいそうですね。そろそろ間引きしないとやばいかも。

c0335218_16300249.jpg


c0335218_16300879.jpg

ミヨガ 天候不順の今年でもこれだけは元気
c0335218_16301799.jpg

散歩のときにみえる 田んぼアート 稲が伸びてだいぶ見やすくなりました。

c0335218_16305281.jpg

散歩の途中にある ガクアジサイ

c0335218_16303123.jpg


c0335218_16302500.jpg
これは 見ての通り普通のアジサイ

c0335218_16303419.jpg
梅雨が長引いて毎日が寒いようです。




電子工作ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

by telmic-gunma | 2019-07-22 18:31 | HP電卓 | Comments(0)

何人かの方に”Free42”がすごいと教えていただきましたが、やはり自分で実感して見ないとその凄さは解らない物ですね。
友達に教えてもらってSONYのスマホに入れてみました。
(恥ずかしながらスマホ まだ全然使えません)

スピードは下の表にある通り。
もう 今までのHP電卓とは別次元スピードですね。
まさに”スパコン” いやそれ以上と思います。

だからと言って、わたしはこれ使う気持ちは全然ありませんけれど。
やはりキータッチなど、HP電卓と呼べるしろものではありません。
だいいち 本物のHP電卓の様に、いじっていて楽しくありません。
まちがって触ってもキーがすぐに反応したりものすごく気を使うんです。

しかし計算速度は絶大なので、この前DM42で10時間かけてやった円周率のような計算には面白いかも。
単純比較するとDM42で10時間かかった円周率10000桁の計算が9分ほどで済むはずです。
オリジナルのHP42Sから見れば、312日かかる計算が9分で済むということですね。

これはもうやってみるしかありませんね。

c0335218_16293503.jpg


左から HP42S  DM42  SONYのアンドロイドスマホ

c0335218_16294823.jpg

c0335218_21530002.jpg





電子工作ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

by telmic-gunma | 2019-07-18 22:12 | HP電卓 | Comments(5)

ちょっとガッカリ  DM15L

HP15C コンパチのDM15Lの演算スピードを計ってみました。
結果は表題に上げた通りです。
HP15C_LE の 1/ 7 しかありません。 ちょっとがっかり。
それでもオリジナルのHP15Cの22倍の速さだし、HP15C_LEのムシだったPSE命令(一時ポーズ)もちゃんと動作しますから。
これ 発売されたのHP15C_LEよりだいぶ後だし(?)DM42の技術があるのだから、あと一桁以上高速に出来ると思うのですが何故でしょうか。

スピード遅くて気力がなくなったので電池の消費電流は測ってありません。

HP電卓使って数学の勉強するのだから速度なんて関係ない、と思っていたのですが、DM42の円周率の計算やってからやはり速度は大切かなと感じてます。

c0335218_21360561.jpg

左上はHP15C_LE   右上は今回のDM15L   中央下はオリジナルのHP15Cです。
同じもの 3台も集めて何やる気。

c0335218_21361290.jpg

HP15C 3機種のみの比較表
c0335218_15152200.jpg


HP電卓 測定できた全機種の速度比較表
c0335218_15154003.jpg


測定プログラム  すべての機種はこの同一プログラムで動作させました。
一部の機種では、初期値の読み込みやラベル名などに違いがあります。

LBL A ’スタートのラベル
3       ’カウンターの初期値 3000(機種によりここを200に変えました)
0
0
0
STO 0     ’カウンターの初期値を変数0にストア

LBL B     ’ループ先頭のラベル
1       'カウンターから引く数を1にする
STO -0    ’カウンター 0から1を引く
RCL 0    ’減算されたカウンターの値をXレジスターへ読み込む
X キ 0    ’Xレジスターがゼロでないかチェックする
GTO B    'ゼロでないならばラベルBへ移動する
R/S      ’Xレジスターがゼロならば停止する


わずかこれで終わりです。
演算速度は命令の種類により当然変わるはずです。
ここではプログラムのループ内で使われている命令の平均時間ですね。
厳密には命令ごとの時間が必要ですが、機種ごとのスピード比較ならばこれで良いと思っています。


雨の中でも元気です。 アルストロメリア
c0335218_17050076.jpg

畑になっている、たった1本のブルーベリー
c0335218_17051550.jpg


ブルーベリー食べました。  うーん そんなに美味しいとは思えないんだけど。
c0335218_17052420.jpg




電子工作ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

by telmic-gunma | 2019-07-09 17:24 | HP電卓 | Comments(2)

円周率 DM42で10000桁まで計算出来たのに、そのプログラムの動作がまだ解りません。
プログラム自体はこんなに短くて10000桁でも正しく計算出来るなんてすばらしいのに。
いつまでたっても解らないとそのうち気力が消えてしまいそう。

*最初の方法は、スタックや変数の内容を調べながらプログラムに並べて書いていったのですが、ループで動作するソフトなので追いきれません。 10000桁を出すときは180万回ループします。
試しで桁数10桁の最短にしても100回位まわります。(1ループ50ステップくらいなのでトータルでは最低でも5000ステップくらい。)

*次にやったのは、RPNプログラムを通常の数学の式に変換したものをプログラムに並べて書いてみました。
これで全体としてはかなり解ったのですが、ループで頭に戻って繰り返しの計算になるとまた解らなくなります。
このあたりが連分数の所なのでしょうか。
ある意味、再起呼び出しと同じ動作と言えるのでしょうね。
これになると私の頭では、ごちゃごちゃなってしまいます。

まあ ゆっくり、楽しみながら、諦めないで、あらゆる方向からトライしてみます。

c0335218_21032554.jpg

c0335218_21033187.jpg

c0335218_06272630.jpg

作業部屋の前に新しく作った花壇です。  たたみ一畳ちょっとです。
苗を買ってきて植えたあと一時枯れそうになりましたが、いまは元気になりました。
c0335218_06281295.jpg
不思議です。
花でも野菜の苗でも移植したあとは一度は枯れそうになりますが、そのあとに元気が出てきます。
何故でしょうか?  私の腕が悪いのかな。
c0335218_06281813.jpg




電子工作ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

by telmic-gunma | 2019-07-06 21:15 | HP電卓 | Comments(4)