ブログトップ

電子工作やってみたよ

先日のブログに書いた、イチゴの粒を大きくする話の続きです。

イチゴについては、毎年 雑草で悩むので何とか出来ないかと思っていました。
雑草を防ぐ方法としてマルチと呼ばれる黒のビニールシートで地面を覆うという方法があります。
太陽の光を地面に当てなければ雑草は生えることが出来ないと言うことです。

今回 すでにイチゴの苗は植えてしまったので穴を開けたマルチは使うことが出来ません。

そこで単純に稲のワラをイチゴの周りに並べてみました。
これなら雑草を防ぐとともに、できたイチゴを地面に付けないで綺麗なままにしておけるはずです。
うまく行くかどうかは、来年の春にならないと判りませんけれどね。

c0335218_19570981.jpg

ちょっと 隙間が大きいような気がする

c0335218_19582139.jpg


もうちょっと ワラを増やしておこう
c0335218_19575030.jpg



c0335218_19575647.jpg


白菜の苗を植えました。 全部で12個 うまく育つかな。
近所の家で作っている白菜はもう食べられるほどになっているのですが。

c0335218_19591292.jpg

網を被っているのが、やっと食べられそうになった、チンゲン菜とホウレン草 
なぜかチンゲン菜は、虫に食べられたものが多い。どこから虫が入ったの?。

c0335218_19592258.jpg

いつも綺麗です。
アルストロメリアでしたよね
今年もまだたくさん咲いています。


c0335218_20013366.jpg


c0335218_20012616.jpg


by telmic-gunma | 2018-10-08 20:33 | 農作業 | Trackback | Comments(2)

3年ほど前イチゴの苗を貰ってきて植えたのですが、最初は大きな実がなったのに、毎年ほったらかしにしていたら小さな実ばかりになってしまいました。
調べたら、連作障害があり3~4年はあけること ということでした。
植え付け時期は9月~10月ということで、今がちょうどよい時期なので移植にトライしてみました。
親株から伸びたランナーと呼ばれる枝の先の子株を小さな植木鉢で3週間ほど育ててからランナーを切って移植するそうです。
いつもの事で、今回も横着して畑にある子株を掘り出しすぐ植えてみました。
全部で186本 順調に育てば毎日大きなイチゴが食べられるはずです。
場所は元あったところから10m位離れたところにしたので、連作障害は防げるかな。
念のため、古い親株もそのままにしてあります。大きさにどのくらいの差が出来るか見れますね。


c0335218_20183359.jpg



c0335218_06545136.jpg




c0335218_06545182.jpg



c0335218_06545048.jpg





by telmic-gunma | 2018-09-24 20:55 | 農作業 | Trackback | Comments(2)

本当に寒くなって、毎日霜が降りています。
先日は雪もちらついていました。
そろそろ畑も最後になってきました。
先日まいたほうれん草(右側)とチンゲン菜(左側)はかなり大きくなってきました。
食べられるまでもう少しというところでしょうか。
ネギは半分掘り出して太陽で乾かしています。
サツマイモの茎は毎日ブルーシートを掛けたかいがあって、青いところが残っていました。
かけてないところは、みな霜で枯れてしまいました。
イチゴはこの寒さにもかかわらず、元気に赤い茎を伸ばしています。
これを見ると映画の「宇宙戦争」を思い出してしまいます。
気持ち悪い赤い植物が地面を覆いつくしているシーンがありましたね。
あと高校時代に読んだSF小説「トリフィッド時代」という中で人間を襲う植物が出てくるのですが、文章だけで絵は無かったのですが、このイチゴの茎のようなものを想像していました。(これは蛇足でしたね。)


c0335218_18074208.jpg

















c0335218_18071631.jpg


















c0335218_18075735.jpg

















c0335218_18081255.jpg







by telmic-gunma | 2016-11-12 18:50 | 農作業 | Trackback | Comments(2)