ブログトップ

電子工作やってみたよ

「華麗なる双輪主義」 書いた人「小池一介」 発行2006年5月11日

自転車に関連したエッセイは好きなので、いろいろ読んでいますが、
その中でこの本は強烈な個性で自転車と人間の付き合い、そして自転車への愛情を語っています。
どちらかというと、こまかな技術的なことは少なく、感性の世界を「良くここまで考えますね」というくらい追及しています。
発行は12年前ですが、決して古いという感じはなく楽しく読めます。

著者の小池一介さん 歳は私よりちょっと上かなと思われます。
この本は、いろいろなブログに紹介されていますが、イギリスにしばらく住んでいたことぐらいで詳しくは解りません。



c0335218_20080219.jpg

この本の、心に残ったところを書いてみます。
以下 「私」とあるのは著者の小池一介さんです。 
*****************************************************
私は実は、かなりのバスケットマニアである。( 籠のバスケットです)
バスケットの、何がそんなに面白いのかと聞かれると困るが、これは理由なしに感覚的なものである。
材料となる植物のアースカラーもいいしその表面の質感も面白い。
バスケットの味わい深さというものは、これは茅葺き屋根の良さなのだ。
金属製自転車という機械の一部に、植物性であるバスケットが組み込まれる事によって、自転車が自然の風景の中にうまく溶け込むようになる。
籠がついた自転車は力まず、人口のものと自然の物との架け橋にになるのである。



c0335218_20074129.jpg


サドルにバネが入っているのを馬鹿にする傾向が、マニア間にあるようだが、これも気にすることはない。
英国には自転車で1300km 3日間走り続ける極限のレースがある。
これを走るとたいていの選手はお尻の痛みで、走り続けられなくなってしまう。
そういう要求に応えて、英国ではバネの入った細身のレース用サドルが1930年代に存在したが、これはすごく楽なサドルである。
そのサドルは現在、「コンクエスト」の名称で手に入る。


c0335218_20095998.jpg


私は自転車好きであるが、ほんのささいなことで、乗るのに「面倒くさい」と思うことがある。
ひとつはズボンの裾を処理すること。
もう一つは、自転車のために、それ専用の靴を履くことである。・・・・・・・
どんな靴でも乗れるペダルの付いた自転車は「敷居が低い」ので、自然とよく乗るようになることもメリットと言える。
私は両面踏みのペダルにしてから、「出撃回数」が激増したと断言できる。


c0335218_20111561.jpg



自転車には統一された色彩がエレガンスを生み出すという、時代を超えた法則があると言ってよい。
自転車の第一印象を決めるのは色だと思う。
「自分の色」というのがオーダーメイド自転車を作るときの、大きな醍醐味となる。
・・・・
大切な思い出の自転車が、自分の一番好きな色に塗られているのは幸福の結晶そのものという感じである。


自転車の色のことで、意外に見落とされているのが、乗りての服の色と自転車の色の不調和の問題だ。
車両が黒や白なら何を着ても合うものだが、オレンジ色とかの強いフレーム色では、着る洋服の色がかなり限定される。
場合によっては「毒トカゲ」さながらの配色になることを覚悟しなければいけなくなるのでご注意。



c0335218_20130460.jpg


弁当というのは楽しい。 これは歳を重ねても同じだと思う。
たまの休みに、どこかに持ってゆくものの場合は、
「うまいものをどこかへ運んで行って、安全なところでゆっくりと味わう」という、きわめて動物的な本能をも満足させてくれているにちがいない。


c0335218_20134478.jpg






アムステルダム・オリンピックの自転車競技で銀メダル、銅メダルを取ったジャック・ラウッターワッサーは90歳を超えてからも、自転車工場でのホイール組み立て工程を手伝うため自転車通勤をしていた。
94歳の時台所でころんで骨盤にヒビが入り、自転車から遠ざかってしまった。
亡くなったのは98歳であった。
ジャック本人から聞いた話。「自転車で転んだのだったら、”もう危ないから自転車に乗るな”
という神の声として受け入れられたかもしれないが、台所での事故で自転車を諦めることになったんだから、
悔やんでも悔やみきれない。
自転車こそが俺の唯一の健康法だったのに。」




自転車を壊さないように目的地まで乗るのと同じように、精神を肉体という船に乗せて人生の終着港まで無事に送り届けることを考えるのは無意味ではあるまい。


************************************************************************

これくらい 自分の考えに自信と信念をもって「俺の考えはこれだ 文句あっか」と言えるのは素晴らしいですね。






by telmic-gunma | 2018-08-14 20:23 | いい本 | Trackback | Comments(0)

出張の帰り寄り道して 多摩サイクリングロード走ってみました。
ここは、かの自民党の谷垣元幹事長が自転車でコケたところですね。
私にとっては10年ぶりくらいになります。
以前は出発点近くの福生市に住んでいたのでダイエットかねて毎日走っていました。
林の中を通ったり砂利道だったり結構楽しかったのですが、今はほとんど舗装になってました。
ここは自転車も多くまた歩行者も同じところを大勢が歩いているので、サイクリングロードの中では一番危険に感じます。

追記 
谷垣元幹事長が乗っている自転車は神田にあったALPS(アルプス)という会社のもので、私のと同じでした。(すでに閉店)
世の中狭いですね。


立川近くの河川敷グランド

c0335218_19510029.jpg


















多摩川の上を走るモノレールc0335218_19520789.jpg



















土手の上の多摩サイクリングロード
c0335218_19530541.jpg









c0335218_19533534.jpg





























今回の新兵器 エルゴグリップ 手を着く面積が広いのでとても楽です。六角レンチで取り付けられ位置や角度も簡単に調整できます。
c0335218_19540494.jpg
by telmic-gunma | 2016-12-18 20:19 | サイクリング | Trackback | Comments(4)

「ゴールデンウイークに自転車で群馬から太平洋まで挑戦したよ」。
そんなこと 言いまわっていたら 
” 余計なことしてないでブログ更新してください! ”
言われてしまいました。 言われないと行動できない私ですから、たいへんありがたいことです。
そこで またまた、”困ったときの自転車テーマ”で書いてみます。

群馬の渋川から銚子まで利根川沿いに「利根川サイクリング道路」が在るのを最近発見しました。 そんなことで、チャンス作って太平洋まで自転車で行って見たいと思っていました。(地図上では渋川から太平洋の銚子まで約220km)
連休中のある日天気予報を見ると明日の降水確率10% あさっては60%となっており ”思いついたが吉日”  ”案ずるよりも見切り発車” ということで、明日行っちゃえと決めて即準備に取り掛かりました。
銚子を目指して朝4時の暗いうちに渋川からから出発しました。
最初は25km/Hくらいで快調に走れていたのですが、だんだんくたびれて20km/Hとなり、お昼ころ、渋川から100km近くになったところで15km/Hくらいになってしまいました。
足の関節がチクチクと痛み出したりしてきたので、ここは大人の判断? 出発してから104km で太平洋は諦めてUターンすることにしました。
そこからの帰りは近道通って トータル188km 17時間かかったので 平均時速 わずか11kmになってました。 しかしこれならちょっと無理すれば太平洋まで行けた感じです。(当然 銚子まで行けたら泊まるつもりでした。)
次の日は体中が痛くて 一日寝ていました。

東京の多摩サイクリング道路は(俗に言う 多摩サイ) いつもたくさんの自転車が走っていてごちゃごちゃですが、この利根川サイクリング道路は100km全部でも会った人50人は越えていない感じですね。
多摩サイでは 5人~10人のグループがたくさん走っていますが、ここではまったく見ませんでしたね。

とにかく やって見たことでいろいろな点が分りました。
お尻が痛くなる(あたりまえですけど)。 自転車なのに足にマメが出来た。 ダイナモのヘッドライトは停止すると真っ暗になる。スピードメーターや時計は夜まったく見えない。
サイクリング道路には、お店や自動販売機がまったくない。街灯もないから夜は周りが見えない(恐い?)。
群馬県内には休息所やトイレが5kmおきくらいにあったのに埼玉県から先にはまったく無くなった。 
これらの対策考えて身体ちょっときたえて?、またトライしてみます。
こういうのは、対策を考えて、いろいろ準備しているのが楽しいですね。
c0335218_19211761.jpg













これで行きました。荷物持ちすぎで重かったです。


c0335218_19213601.jpg













グリーンドーム競輪場(左)と前橋の群馬県庁(右)です。
ようやく 夜が明けるところです。

c0335218_19215298.jpg













途中にあったグライダー滑空場です。合計4箇所ほどありました。



by telmic-gunma | 2015-05-10 23:17 | サイクリング | Trackback | Comments(2)